大型家具の処分方法8つ!いらない家具を無料で引き取りしてくれる方法も

大型家具を処分できる方法を紹介していきます。

捨てたいけど運べない古くなった家具など処分できますよ!

ご自身のご都合に合った方法を探して見ましょう。

不用品回収を依頼する際は一括見積コンシェルジュで複数社からを比較しましょう!

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

一括見積もりコンシェルジュの一括見積もり

家具を処分する8つの方法

家具を処分する方法は大まかに8つ方法があります。

それぞれのメリット・デメリットとおすすめな方がどんな人かを紹介していきます。

  • 家具を買い替える際に引き取ってもらう方法
  • 自治体の粗大ゴミとして出す方法
  • 家具を解体し一般ゴミとして出す
  • 家具買取やリサイクル業者に依頼する方法
  • オークションやフリマアプリに出す方法
  • 知り合いに譲る方法
  • 引越し業者に処分を依頼する
  • 不用品回収業者に依頼する方法

下記はそれぞれのメリットデメリットを表にまとめてみました。

家具を処分する方法 費用面 手間
家具買い替え時の引き取り やや高い
自治体の粗大ゴミとして出す 安い
家具を解体して一般ゴミで出す 無料 ×
家具買取・リサイクル業者に依頼 安く済む
知り合いに譲る 無料
オークションやフリマアプリに出す 安く済む
引越し業者に処分を依頼する やや高い
不用品回収業者に依頼 費用は高い

それぞれの特徴やおすすめな人がどんな人か解説していきます。

家具の買い替え時に店舗に引き取ってもらう

大型家具の買い替えの際に新しい家具を購入した店舗で古い家具の引き取りサービスを実施している店舗もあります。

全ての店舗で実施しているわけではないので、お店側に聞いてみましょう。

家具の買い替え時に引き取ってもらう際にかかる費用相場

大半は家具の購入が前提となりますが、納品時に引き取ってもらえるサービスです。

店舗 引き取り費用
無印良品
4,000円(税込)
ニトリ 4,400円(税込)
東京インテリア
ベッドフレームのみ 4,000円
ベッド一式orマットレスのみ 5,000円
IKEA
ベッド・マットレスは不可
ベルメゾン
無料
Amazon
無料

無印良品の家具引き取り条件

無印良品の条件

  • 無印良品でのご注文商品と「同種」かつ「同数」
  • ネットストアでのご注文時に、ショッピングカートに「引き取り」のチェックボックスがある場合
  • ソファ1点をご注文の場合、ソファと一緒にオットマンの引き取りを承ることはできません。

ニトリの家具引き取り条件

ニトリの条件

  • ニトリで新たに家具を購入した人(引き取りのみは不可)
  • 買った分と同容量の家具・個数である
  • 他社製品でも引き取りが可能
  • 家具発送日の4日前までに連絡する

ニトリの家具引き取りサービスの詳細

東京インテリアの家具引き取り条件

東京インテリアの条件

  • 東京インテリアでの購入が前提で買い替えることができます。
  • 購入した家具の配送時に引き取りが可能。
  • 買った家具と同等、同数の場合に可能。
  • 小型から大型の家具で引き取り料金が変わります。

IKEAの家具の買取り条件

IKEAの家具の買取り条件

  • イケアのロゴがないものや他社製品は不可
  • 野外で使用された家具は不可
  • 3辺合計が3.8mを超えるものは不可
  • たわみ、ゆがみ、割れ、パーツの不足があるものは不可
  • 改造されていたり汚れなどがあるもの

ベルメゾンの家具の無料引き取り条件

ベルメゾンの無料引き取り条件

  • ベルメゾンで新しい家具を買った場合に限る
  • ベルメゾンカタログかネットで販売している家具が対象
  • 同じ種類・同じ数の分だけ対応が可能
  • 販売価格が41,800円(税込)以上で大型商品送料7,150円(税込)の場合

amazonの家具の無料引き取り条件

amazonの無料引き取り条件

  • amazonで家具を買った場合に限る
  • amazonの指定商品に限る
  • 買った家具と同等、同数を同一住所に配送する場合
  • 購入した家具の配送時に引き取りが可能

中には無料ではなく運搬費など多少の費用がかかるケースもあります。

家具引き取りのメリット・デメリット

メリット
  • 新しい家具の引き渡し時に同時に引き取ってくれる
  • 自分で運び出す必要がない
デメリット
  • 該当のサイトで購入が前提で引き取りのみは不可
  • 商品や品目など限られることがある
  • 店舗によっては引き取り手数料がかかる

自治体の粗大ゴミ回収や持ち込みを利用する

自治体の粗大ゴミ回収に出すというのも一つの方法です。

自治体の粗大ゴミ回収は下記の方法で処分できます。(各自治体により、ルールが異なるため各自治体のルールを確認しましょう。)

自治体の粗大ゴミ処理方法
  • 自治体の粗大ゴミ回収
  • ゴミ処理場への持ち込み
  • リユースサービス【無料】

粗大ゴミ回収の特徴と処分にかかる費用目安

粗大ゴミ回収は各自治体で定められた粗大ゴミ回収日に、指定の場所に粗大ゴミを出して処分してもらう方法です。(各自治体によって異なる)

粗大ゴミシールを購入し粗大ゴミに貼って出すためやや費用がかかりますが他と比べても安く済む方法です。

ただし、回収の場合は月に1回程度と回収してくれる頻度は低い地域が多いので急いで処分したい方には向いていません。

自治体側は運び出しまではやってくれないところがほとんどなので、自分で運び出すのが前提となります。

粗大ゴミ回収にかかる費用相場表

家具の種類 料金
ベッド 1000円〜1500円
ソファ 一人掛け 200円〜700円
二人掛 1,000円程度
大型のソファ 1500円程度〜
タンス 400円~2,800円
マットレス 400円~2,800円
食器棚 400円~2,800円

粗大ゴミ回収のメリット・デメリット

粗大ゴミで処分するメリット
  • 業者に頼むよりも安く済む
粗大ゴミで処分するデメリット
  • お金がかかる
  • 回収に時間がかかる場合がある
  • 自分で作業しないといけない

粗大ゴミをゴミ処理センターへ持ち込む場合とかかる費用

自治体によっては粗大ゴミ処理場へ自分で持ち込んで処分する方法があります。

この場合は、ゴミ処理センターが受け付けている曜日・時間であればいつでも持ち込みが可能です。

ただし、全て自分で運び出す必要があるため大きい家具はトラックの準備など運搬できる環境も必要です。

自分で家具の運び出しや持ち込みをしないといけないため労力がかかっても安く済ませたいという方におすすめです。

自治体によってルールも違うため詳しくはお住まいの自治体のHPをご確認下さい。

粗大ゴミの持ち込みにかかる費用目安

粗大ゴミの量 料金
10kgあたり〜 ※1 200円〜

あくまで目安となります。kgあたりの金額設定をしている自治体がほとんどですがかなり安い金額で処分ができます。

粗大ゴミの持ち込みのメリット・デメリット

粗大ゴミで処分するメリット
  • 業者に頼むよりも安く済む
粗大ゴミで処分するデメリット
  • お金がかかる
  • 回収に時間がかかる場合がある
  • 自分で作業しないといけない

自治体のリユースサービスを使う

自治体によっては民間業者と提携しリユースサービスを展開している自治体もあります。

自治体で指定された場所へ不要になった家具を持ち込みし無料で処分が可能です。

こちらもご自身で持ち込む必要があるため、手間はかかりますが無料でできるメリットがあります。

自治体のりユーズにかかる費用

費用はかからず無料で処分が可能です。

自治体のリユースサービスのメリット・デメリット

粗大ゴミで処分するメリット
  • 無料で処分が可能
粗大ゴミで処分するデメリット
  • 自分で指定の場所まで持ち込まないといけない

家具を解体し一般ゴミとして出す【無料】

家具を解体・分解して小さくすることで一般ゴミ(可燃ゴミや不燃ゴミ・プラスチックなど)として出すことも可能です。

一般ゴミで出せれば費用はかからず無料で処分が可能です。

自治体によってルールがやや異なりますが、粗大ゴミの1辺の長さ(30cm以内など)によって粗大ゴミか一般ゴミかで区分されることがほとんどです。

決められた粗大ゴミのサイズまで解体できれば、一般ゴミとして出すことが可能です。

この方法は、特にタンス、ベッド、ソファ、学習机、食器棚、テーブルなどが有効です。

方法としては、まずは組み立て系の家具の場合は解体できるところまで解体を行い、それでもサイズが大きい場合はノコギリなどで切ってサイズを小さくしてしまいましょう。

そうすれば可燃ゴミとして費用をかけずに無料で出すことが可能です。

ただし、注意点として家の中で実施する場合は床や壁が傷ついてしまわないよう注意して下さい。

また、怪我などしてしまわないよう周りに十分気をつけて作業しましょう。

一般ゴミで処分するメリット
  • 費用がかからず無料で処分できる
一般ゴミで処分するデメリット
  • 解体する作業を自分で行わないといけない
  • 解体作業をするスペースや工具が必要になる

家具買取・リサイクルショップに買い取ってもらう

家具買取やリサイクル業者に依頼する事で、品質によっては買い取ってもらえたり無料で引き取ってもらえる可能性があります。

ブランド家具など人気のある家具で状態がいいものだと買い取ってもらえる可能性が高まります。

買い取ってもらえれば収入も得られますし、最悪無料で引き取ってもらえるだけでもメリットは高いでしょう。

状態が悪く売れないようなベッドは買い取ってもらえない可能性もあるので注意が必要です。

また、リサイクルショップまでは自分で持ち運びをする必要がありますが、買取業者の中には出張買取で査定にきてくれる業者もいます。

なんでも宅配買取してくれるBUY王↓↓↓↓↓

BUY王

リサイクルショップのメリット
  • 無料もしくは収入を得られる
  • すぐに処分できる
リサイクルショップのデメリット
  • 自分で持ち運びをしないといけない(リサイクルショップの場合)
  • 引き取ってもらえない可能性もある

知り合いに譲る・ジモティーを使う

知人や家族など家具が欲しいという方に譲るのも一つの手です。

知り合いの中に譲れる人がいない場合は、ジモティーなどを使って引き取りたい人を探すという手もあります。

すぐに欲しい人が見つかればいい方法ですが、すぐに見つからない場合は処分がなかなかできないため、他の方法も検討しましょう。

知り合いに譲る場合は費用は無料

譲るだけであれば費用は無料です。

ただ、大型家具などの場合は配送をどうするか?ということも事前に確認しておかないといけません。

知り合いの方が引き取ってくれれば無料ですみますが、運搬業者を使う場合は費用がかかります。

知り合いに譲る場合のメリット・デメリット

知り合いに譲るメリット
  • 無料で処分できる
知り合いに譲るデメリット
  • 欲しい人がいないと処分できない
  • 受け渡す手間がある

家具をオークョンやフリマアプリに出す

家具はフリマアプリやオークションに出して処分することもできます。

人気のものは売れる可能性もありますが、売れない場合もあるのでそれを前提で進めましょう。

出品から発送まで自分で作業を行う必要があるため、慣れていない人はやや大変かもしれません。

また、受取手のお客さんがいるためそちらの対応も必要となります。

なんでも宅配買取してくれるBUY王↓↓↓↓↓

BUY王

フリマアプリ・オークションに出す場合の費用

フリマ・オークションに出品するだけであれば費用はかかりません。

売れた場合は手数料が引かれる仕組みとなります。

ただ、大きい家具の場合は送料などかなりかかるケースもあるため送り先の場所や送料を調べておくことをお勧めします。

フリマアプリ・オークションのメリット・デメリット

メリット
  • 高く売れれば収益が出る
デメリット
  • 自分で出品から配送の作業をする必要がある
  • 売れない可能性もある
  • 買い手との対応が必要
  • 大型家具の場合は送料かかなりかかる可能性もある

なんでも宅配買取してくれるBUY王↓↓↓↓↓

BUY王

引越し業者に家具を処分してもらう

引越し時に限っての方法になりますが、引越し業者に家具を処分してもらうことも可能です。

引越しが前提となりますが、業者によっては条件はそれぞれありますが家具の処分まで請け負ってくれる引越し業者もいます。

引越し業者の一括見積もりなら引越し侍↓↓↓↓↓

引越し一括見積もり

家具を処分してくれる引越し業者一覧

会社名 家具の引き取り 不用品の買取
アリさんマークの引越し社 可能 なし
サカイ引越しセンター 一部エリアに限り、委任状があれば可能 あり
日本通運(日通) 相談可能 なし
アップル引越しセンター 可能 あり
ハート引越しセンター あり あり

不用品回収もOKな引越し業者

メリット
  • 引越し作業と同時に処分できる
  • 持ち運びなどもやってくれる
デメリット
  • 引越し代以外に別途処分費用がかかる
  • 引越し業者の中には対応できない品目もある

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者に依頼するというのも一つの方法です。

不用品回収の場合、家具の運び出しなども依頼することが可能で自分で処分できないという方にはおすすめです。

家具以外にもまとめて処分したいものがあれば、他のものもまとめて回収してくれます。

他の方法と比べて費用は高くなる分、お任せできることが多いのが特徴です。

また、急ぎの場合でもすぐ駆けつけてくれる業者がほとんどなところも利点です。

不用品回収業者に処分してもらう場合の費用目安

家具の種類 料金
ベッド 1000円〜1500円
ソファ 2200円〜7000円
タンス 5,000円〜10,000円程度
マットレス 10,000円~15,000円程度
食器棚 5,000円〜10,000円程度

不用品回収業者に処分してもらうメリット・デメリット

メリット
  • すぐに処分ができる
  • 運び出しの作業なども依頼できる
  • 他の不用品もまとめて処分できる
デメリット
  • 単品だと費用は割高になる

不用品回収を依頼する際は一括見積コンシェルジュで複数社からを比較しましょう!

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

一括見積もりコンシェルジュの一括見積もり

家具別の詳しい処分方法や注意点

各家具別に詳しい処分の方法や処分費用を紹介しているページもあります。

詳しくはこちらをご覧下さい。

家具処分のQ&A

家具を捨てたいけど運べない

家具が重くて運べない方、大型の家具で部屋から出せないといった方は下記の方法を検討してみましょう。

一人で難しい場合は、専門業者に任せ流ことをお勧めします。

  • 家具を買い替える際に引き取ってもらう方法
  • 家具を解体し一般ゴミとして出す
  • 家具買取業者に依頼する方法
  • 引越し業者に処分を依頼する
  • 不用品回収業者に依頼する方法
PAGE TOP