ニトリの「家具引き取りサービス」はいくら?無料でお願いできる?

[the_ad id=”3050″]

ニトリの家具引き取りサービスって?

ニトリでは新しい家具(組み立て家具は除く)を購入・配送してもらった際に、いらなくなった家具を引き取ってもらえます。

他社製品や購入商品と異なる種類の家具でも引き取ってもらうことが可能です。

※ニトリでの購入がなく引き取りのみの取引、家具以外の不用品の引き取りは不可となります。

ニトリの家具引き取り条件

前提としてニトリでの家具を新しく購入しているのが前提のサービスというのは覚えておきましょう。

家具回収だけの依頼は不可能となっています。

ニトリの家具引き取りサービスの注意点

ニトリの家具引き取りサービスの注意点をまとめました。

家具が届く4日前までに引き取りの依頼をしないといけません。当日や前日の依頼だと引き取ってもらえませんので注意して下さい。

それ以外にも「組み立て家具」は引き取ってもらえないので注意が必要です。

引き取りする家具の同数量、同容量であれば引き取ってもらえますが、それを超えた分は引き取ってもらえないため注意が必要です。

また、大型家具は玄関先の受け取りになるため、玄関先まで運び出す必要があります。

上記のように、引き取れないものもあるのでしっかり確認しておきましょう。

ネット注文の場合、配送員設置マークのある家具以外は引き取ってもらえませんのでこちらも注意しましょう。

回収サービス対象商品例をまとめると下記です。

対象商品の例 対象外商品の例
  • ベッド
  • マットレス
  • ソファ
  • 食器棚
  • 学習机
  • 組み立て家具
  • 折りたたみ式テーブル
  • パイプベッド
  • パソコンデスク
  • こたつ
  • 物干し竿

ニトリの家具引き取りサービスの費用

引き取りする家具が同数量、同容量であれば1注文4,400円(税込)で引き取りが可能となります。

例えば自治体のベッド処分の費用は1,000円〜1,500円程度で、マットレスなどを入れるとプラス500円程度〜となります。

ただ、一般的な不用品回収業者が作業をすると作業費などもかかり5,000円〜8,000円程度かかる場合があります。

これを考えると、ニトリの家具引き取りサービスは安いと言えます。

ニトリの家具引き取りサービスの流れについて

店舗で買った場合とネット販売で買った場合と分けてご案内します。

店舗で購入した場合の引き取りの流れ

店舗で新しく家具を購入した場合、商品を配送してもらう4日前までに家具引き取りサービスをお願いしたい旨を伝えます。

引き取ってもらいたいことが決まっていれば、購入時に依頼しておくといいでしょう。

ネットで購入した場合の引き取りの流れ

ニトリの通販サイトで購入した場合、購入家具が「配送員設置」のマークがついていることを確認しましょう。

商品購入を進めていくと「引き取りサービスを利用する」が表示されますので、チェックを入れます。

こちらのチェックを入れておかないと引き取ってもらえませんので注意して下さい。

ニトリで引き取ってもらえない家具の処分方法は?

ニトリの家具引き取りサービスでも、引き取れない条件のものは処分できません。

その場合は、下記の処分方法で処分しましょう。

自治体へ粗大ゴミ収集を依頼する

大体の自治体は下記の流れで粗大ゴミの収集を依頼することができます。

  1. インターネットか電話で申し込みを行う
  2. 粗大ごみ処理券を購入する
  3. 収集日の午前8時まで指定の場所へ粗大ゴミを出す

ニトリで処分できなかったものを安く処分できるので、処分品の点数が少ない場合や自分で処分できるものであれば自治体へ依頼するといいでしょう。

ご自身で作業できない方は別の方法がおすすめです。

下記にメリットとデメリットをまとめました。

メリット
  • 費用は安く抑えられる
デメリット
  • 即日回収ができない(月に1回など回収日が少ない)
  • 自分で粗大ゴミを運び出さないといけない
  • 処分数に制限がある場合がある

自治体の処理施設へ持ち込みする

処理施設へ持ち込む場合、自治体によってルールが異なるため自治体のホームページを確認しましょう。

基本的には下記の流れで持ち込みが可能です。

  1. 電話で申し込みを行う(電話の指示に従って下さい)
  2. ご自身で処理施設へ持ち込みを行う

自治体の粗大ゴミ回収との違いは、処理施設が営業している日であればすぐ持ち込めるということです。

また、料金が安いというのもメリットではありますが、全てご自身で持ち運ばないといけないため運搬ができない方にはおすすめできません。

下記にメリットとデメリットをまとめました。

メリット
  • 費用は安く抑えられる
  • 営業日であればすぐに持ち込み処分できる
デメリット
  • 自分で全て運び出さないといけない
  • トラックなどがないと運べない

不用品回収業者へ依頼する

不用品回収業者であれば、即日対応してもらえるケースもあり急ぎで依頼したい人にはおすすめです。

また、引き取ってもらえなかった家具以外にも不用品をまとめて回収してくれるのでたくさん不用品が出た場合はおすすめ。

不用品回収をする場合は、一括見積もりで相見積もりを取るといいでしょう。

不用品回収を依頼する際はエコノバで複数社からの一括見積もりがおすすめ

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

エコノバの一括見積もり

下記にメリットとデメリットをまとめました。

メリット
  • 即日対応できるケースもある(急ぎの人におすすめ)
  • 家具以外にも引き取ってもらえる
  • 複数処分したいものも対応が可能
  • 運び出しもしてくれる
デメリット
  • 費用は比較的高め

ニトリ以外で家具回収してくれるサービス

IKEAの家具買取・引き取りサービス

IKEAでは家具買取のサービスと、ソファ・マットレスの引き取りサービスがあります。

IKEAの家具買取サービス

買取条件 イケアの家具に限ります。
申し込み方法 ネットから

IKEAの引き取りサービス

引き取り条件 イケアでソファ・マットレスの購入時のみ
費用 手数料無料 (別途、配送サービスの料金がかかります)
申し込み方法 購入時

※引き取りはソファ・マットレスのみとなります。

無印良品の不用品引き取りサービス

無印良品でも不用品の引き取りサービスがあります。

引き取りは対象の商品のみとなります。

引き取り条件 新しい商品購入時に同種、同数の場合
費用 4,000円(税込)
申し込み方法 ネット注文時

amazonの家具・家電の回収サービス

amazonでも家具・家電の回収サービスがあります。

引き取り条件 新しい商品購入時に同種、同数の場合
費用 無料
申し込み方法 ネット注文時

ベルメゾンの家具引き取りサービス

ベルメゾンでも家具の引き取りサービスがあります。

引き取り条件 新しい商品購入時に同種、同数の場合
費用 無料
申し込み方法 ネット注文時

 

PAGE TOP