不用品回収も同時にしてくれる引越し業者はどこがおすすめ?相場はいくら?

引越し業者の一括見積もりなら引越し侍↓↓↓↓↓

引越し一括見積もり

引越し業者の不用品回収サービスの特徴は?

引越し業者に不用品回収をお願いする場合は、下記のような特徴があることを覚えておきましょう。

目的によって引越し業者に依頼するか、不用品回収の専門業者に依頼す流方がいいか判断しましょう。

引越し作業が前提で同時に不用品回収の依頼が可能

引越し業者のメイン業務はあくまで引越しです。引越し作業と同時に不用品回収を依頼することは可能です。

そのため、引越し作業の依頼をしていることが大前提となるため、不用品回収の作業だけ引越し業者に依頼することはできませんので注意してください。

費用は引っ越し業者よりも自治体の方がやや安い

引越し業者の不用品の引き取りにかかる費用は自治体の方がやや安いです。

不用品回収業者と比較した場合は、引越し業者の方が安くなります。

ただ、引越し業者の場合引き取れる品目が少ないなどのデメリットもあるためご処分したい品目や量によってどちらを利用するか検討することをお勧めします。

不用品処分の方法として「引き取り」と「買取り」がある

引っ越し業者ができる不用品処分の方法として、1つはいらない不用品を引き取って廃棄処分してもらえる方法があります。

もう一つはリサイクルできると判断してもらえるものは買取りしてもらえる場合があります。(引越し業者にもよる)

不用品の処分も依頼したい場合は、引き取り、買取りそれぞれ対応しているかどうかチェックしておくといいでしょう。

会社名 不用品の引き取り 不用品の買取
アリさんマークの引越し社 可能 なし
サカイ引越しセンター 家電リサイクル品目・一部エリアに限り委任状があれば不用品も可能 あり
アート引越しセンター 家電リサイクル品目のみ可能 なし
日本通運(日通) 相談可能 なし
クロネコヤマト
(ヤマトホームコンビニエンス)
なし なし
赤帽 なし なし
アップル引越しセンター 可能 あり
ハート引越しセンター あり あり
アーク引越しセンター なし あり

引越し業者の一括見積もりなら引越し侍↓↓↓↓↓

引越し一括見積もり

引越し業者は一部の不用品は引き取れない可能性もある

引越し業者の不用品回収は、全てのものを引き取れるとは限りません。

家電のみ引き取りが可能という引越し業者や、家具家電の両方引き取り可能といった引越し業者など会社によって条件が違います。

また、引越し業者だと全ての不用品を引き取ってもらえないことも多いことも特徴的です。

処分したい不用品に対応してもらえるかもチェックしておくことをおすすめします。

不用品回収もしてくれるおすすめの引越し業者

  • サカイ引越しセンター
  • アーク引越しセンター
  • アップル引越しセンター
  • アート引越しセンター
  • アリさんマークの引越し社
  • 日本通運

引越し業者の一括見積もりなら引越し侍↓↓↓↓↓

引越し一括見積もり

サカイ引越センター

サカイ引越しセンターの特徴として、家電リサイクル品目のみ不用品の引き取りが可能となります。

タンスやソファーといった家具や生活ゴミは委任状があればエリアによっては引き取りが可能です。

また、引越し時の買取サービスも対応しております。

ヤマハピアノサービスと提携しピアノの買取や処分の査定も可能です。

不用品の引き取り 不用品の買取
なし あり

サカイ引越しセンターの回収費用

品目 料金
エアコン 3,990円~
テレビ・ブラウン管テレビ 4,320~5,970円
冷蔵庫・冷凍庫 6,740~7,730円
洗濯機・衣類乾燥機 5,530円~

アーク引越センター

アーク引越しセンターでは無料で宅配買取の活用ができます。

ダンボール(5箱まで)に荷物を詰め込むだけで買取もしてもらえます。

また、ピアノの買取も可能です。

不用品の引き取り 不用品の買取
買取のみ あり

アーク引越しセンターの回収費用

品目 料金
エアコン 5,900円~
テレビ・ブラウン管テレビ 6,200円~
冷蔵庫・冷凍庫 13,000円~
洗濯機・衣類乾燥機 6,300円~

アップル引越しセンター

アップル引越しセンターでは不用品処分から買取まで対応しています。

見積もりや作業費は無料で対応しているところがおすすめ。(家電リサイクル品目など品目によっては処分費だけかかる可能性あり)

不用品の引き取り 不用品の買取
可能 あり

アップル引越しセンターの家電回収費用

品目 料金
エアコン 3,990円~
テレビ・ブラウン管テレビ 4,320円~
冷蔵庫・冷凍庫 6,740円~
洗濯機・衣類乾燥機 5,530円~

アート引越センター

アート引越センターでは家電リサイクル法の4品目(テレビ・エアコン・洗濯機・乾燥機・冷蔵庫)のみ引き取りが可能となります。

申し込み時にリサイクル希望の旨を伝えて依頼をかけましょう。

家具やそのた不用品は処分できないため、ご自身で処理していただく必要があります。

不用品の引き取り 不用品の買取
家電リサイクル品目のみ可能 なし

アート引越しセンターの家電回収費用

品目 料金
エアコン 3,990円~
テレビ・ブラウン管テレビ 4,320円~
冷蔵庫・冷凍庫 6,740円~
洗濯機・衣類乾燥機 5,530円~

アリさんマークの引越し社

アリさんマークの引越し社では家電リサイクル4品目のみ引き取り処分が可能です。

支払いは必要ですが自分でリサイクル券を用意する必要がないのが特徴的です。

家具なども処分が可能ですが、処分費と運搬費がかかります。

不用品の引き取り 不用品の買取
家電リサイクル品目のみ可能 なし

アリさんマークの引越し社の家電回収費用

品目 料金
エアコン 7,000円~
テレビ・ブラウン管テレビ 6,000円〜
冷蔵庫・冷凍庫 9,000円~
洗濯機・衣類乾燥機 6,000円~
テーブル 3,500円~
椅子 1,500円~
ベッド 3,000円~
ソファ 2,500円~

日本通運(日通)

日本通運でも不用品の処分、引き取りの相談が可能です。

事前に相談があれば、家電リサイクル法の品目と大型家具も引き取りしてくれます。

不用品の引き取り 不用品の買取
家電リサイクル品目のみ可能 なし

日本通運の家電回収費用

品目 料金
エアコン 7,000円~
テレビ・ブラウン管テレビ 6,000円〜
冷蔵庫・冷凍庫 9,000円~
洗濯機・衣類乾燥機 6,000円~
大型家具 リサイクル料+運搬料8,000円~

引越し業者の一括見積もりなら引越し侍↓↓↓↓↓

引越し一括見積もり

引越し時に出た不用品処分の費用相場表

引越し業者に引き取ってもらえなかった場合の不用品処分にかかる費用相場を表にまとめてみました。

自治体に依頼した場合の相場費用

主な品目 料金
換気扇・照明器具・除湿器・炊飯器・扇風機・電気掃除機など生活家電など 250円〜1000円程度
チェア・学習机 ・テレビ台・一人掛けソファ・サイドボードといった中型家具など 1,650円〜3,000円程度
ベッド・ソファ・テーブル・タンス・本棚・食器棚などといった大型家具 3,300円〜8,000円程度

自治体によって費用は異なりますが、大まかな目安としてご覧下さい。

家電リサイクル4品目を処分する場合の相場費用

品目 料金
エアコン 4,000〜6,000円
テレビ 5,000〜9,000円
冷蔵庫・冷凍庫 7,000〜10,000円
洗濯機・衣類乾燥機 5,000〜8,000円

家電リサイクル品目に該当するものは、メーカーや年式などによって費用が変わります。

不用品回収業者に依頼した場合の相場費用

車両サイズ 料金 荷物の目安 作業時間の目安
軽トラ1台(平積み) 5,000円〜20,000円 単品・少量 30分程度
軽トラ1台(幌付き・箱形) 20,000円〜50,000円 1R程度の量 1時間程度
2tトラック(平積み) 50,000円〜80,000円 1〜2K程度の一人暮らしの量 2時間程度
2tトラック(アルミバン) 90,000円〜150,000円 2LDK〜 3時間程度
家やオフィスまるごと ASK 1軒家丸ごと 内容による

不用品回収業者によって費用もばらつくため依頼する場合は、一括見積もりがお勧めです。

不用品回収を依頼する際は一括見積コンシェルジュで複数社からを比較しましょう!

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

一括見積もりコンシェルジュの一括見積もり

引越し業者と不用品回収業者の特徴を比較

引越し業者と不用品回収業者の違いや特徴をまとめました。

ご自身の不用品の量や品目によって引越し業者だけで済むか、不用品業者や自治体を利用するかの判断材料にしてください。

引越し業者と不用品回収業者の特徴や料金の比較

依頼業者 料金 特徴
引越し業者 安い 家電リサイクル品目のみ可能という業者が多い。
自治体 安い 安いが自分で処分の作業をしないといけない
不用品回収 高め 費用は高めだがどんなものでも処分してくれる。運び出す作業もしてくれる。
リサイクル・買取業者 無料 全て買い取ってもらえない可能性もある。買い取ってもらえれば収入になる。

不用品回収を依頼する際は一括見積コンシェルジュで複数社からを比較しましょう!

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

一括見積もりコンシェルジュの一括見積もり

家電の買取なら高く買い取ってくれるBUYSELLがおすすめ

↓↓↓↓↓

BUYSELL

業者別メリット・デメリット

不用品を処分する際に、どの業者に依頼するのが一番ベストなのか?

メリット、デメリットと合わせてお勧めな方を紹介します。

引越し業者のメリット・デメリット

引越し業者に不用品処分を依頼する場合のメリット・デメリットをまとめました。

メリット
  • 引越しと同時に不用品が処分できる
  • 中には買取をしてくれる引越し業者もいる
デメリット
  • 引越しが前提で依頼しないといけない
  • 引き取りできる品目に限りがある

不用品回収業者のメリット・デメリット

不用品回収業者に不用品処分を依頼する場合のメリット・デメリットをまとめました。

メリット
  • 家電リサイクル品や大型家具など処分が大変なものでもOK
  • 少量から大量な量まで対応が可能
  • 即日対応なども可能
  • 運び出しなど作業も任せられる
デメリット
  • 費用はやや高い

不用品回収を依頼する際は一括見積コンシェルジュで複数社からを比較しましょう!

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

一括見積もりコンシェルジュの一括見積もり

リサイクル・買取業者のメリット・デメリット

リサイクル業者や買取業者に不用品処分を依頼する場合のメリット・デメリットをまとめました。

メリット
  • 新しい家具や家電であれば買い取ってもらえる
  • 買い取れなくても無料で引き取ってもらえる確率も高い
デメリット
  • 買い取ってもらえない場合もある
  • 自分で品物を運んだり依頼をかけないといけない
  • たくさん品目がある場合は大変

家電の買取なら高く買い取ってくれるBUYSELLがおすすめ

↓↓↓↓↓

BUYSELL

自治体のメリット・デメリット

自治体に不用品処分を依頼する場合のメリット・デメリットをまとめました。

メリット
  • 費用はかかるが安くすむ
デメリット
  • 自分で運び出しなど行わないといけない
  • 自治体によっては回収頻度が少ない

家電の買取なら高く買い取ってくれるBUYSELLがおすすめ

↓↓↓↓↓

BUYSELL

引越しの際の不用品業者の選び方まとめ

選び方としては、処分したい品目や量によってどこに依頼をかけるか決めましょう。

引越し前に時間に余裕があり、自分で処分ができる量の方であればまずはリサイクル・買取業者に依頼をかけてみましょう。

もし処分しきれないものが出てしまい、自治体で回収できる場合は粗大ゴミとして処分しましょう。

めんどくさくて買取業者や自治体で処分できない場合、引越し業者が処分できるものがあれば引越し業者への依頼がおすすめで、引越し業者でも処分ができない品目や量の場合は不用品回収業者への依頼をかけましょう。

不用品回収を依頼する際は一括見積コンシェルジュで複数社からを比較しましょう!

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

一括見積もりコンシェルジュの一括見積もり

家電の買取なら高く買い取ってくれるBUYSELLがおすすめ

↓↓↓↓↓

BUYSELL

PAGE TOP