分別不要!なんでも回収してくれるゴミ回収業者!安くておすすめの業者も紹介

不用品回収を依頼する際は一括見積コンシェルジュで複数社からを比較しましょう!

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

一括見積もりコンシェルジュの一括見積もり

自治体のゴミ回収はなんでも回収はできるわけではない

家庭から出たゴミは自治体が定期的に回収しています。収集日の朝に、決められた収集場所へ出しておけば持って行ってくれますよね。

ゴミの分別として、可燃ゴミ・不燃ゴミ・粗大ゴミなどがありますが、すべてのゴミを回収してくれるわけではありません。

ゴミ収集のルールは自治体ごとに異なりますので、各自治体のHPをご確認ください。

自治体の処理困難物・家電リサイクル法・事業ゴミなどはゴミ回収業者でも引き取れない場合があります。

それぞれのゴミについて、なぜ回収できないのかを解説します。

適正処理困難物

家庭から排出されるゴミの中には処分の過程で、引火や有害物資の発生などの危険を伴うものがあります。

家庭ゴミは原則、市町村の責任で処理が行われることになっています。しかし、技術や設備などの面から、適正に処分ができないものを「適正処理困難物」と呼び、回収不可となっているのです。

処理困難物の主な品目と処分方法は以下の通りです。

品目 処分方法
石油類(ガソリンなど) ガソリンスタンド
薬品類 リサイクル業者
バッテリー ディーラー、ガソリンスタンド
カセット式以外のガスボンベ メーカー回収
消火器 特定窓口・指定引取場所
ピアノ ピアノ回収業者
耐火金庫 購入店・金庫取扱メーカー
タイヤ 整備工場・ディーラー
汚泥 専門業者
ブロック 購入店
土・砂・石 購入店・ホームセンター

自治体ごとに、品目・処分方法が異なる場合があります。詳しくはお住まいの自治体へ問い合わせてください。

家電リサイクル法の4品目

家電リサイクル法は家電4品目(テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・乾燥機)が対象です。製造業者にはリサイクル義務が発生し、消費者には費用負担(リサイクル料)が求められます。

処分するにはリサイクル料金の支払いが必要です。家電リサイクル法に沿って処分してください。詳しくは「電化製品の処分方法」の記事で解説しています。

家電リサイクル法対象となっている家電4品目のリストです。以下のリンク先で、それぞれの処分方法の詳細を解説しています。

事業ゴミ

家庭ゴミは原則、市町村の責任で処理が行われることになっていますが、事業ゴミの処分はできません。

事業者は、その事業活動に伴つて生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければならない。

出典:廃棄物処理法 第3条第1項

事業ゴミとは、事業活動を行うことにより発生したゴミのことです。

営利・非営利を問わないので、事務所や店舗だけではなく、学校や病院から排出されたものも事業ゴミとなります。事業ゴミの主な品目は以下の通りです。

  • 燃え殻
  • 汚泥
  • 廃油・廃酸・廃アルカリ・廃プラスチック
  • ゴムくず・金属くず・ガラスくず
  • 鉱さい
  • がれき類
  • ばいじん
  • 紙くず・木くず・繊維くず
  • 動物性事業ゴミ
  • その他コンクリート固形化等

これらのゴミは自治体では回収できません。都道府県知事が許可している産業廃棄物処理業者へ処理を依頼してください。

ゴミ処理センターへの持ち込み

排出者本人がゴミ処理センターへ直接持ち込むことで、ゴミを処分してもらうことができます。

持ち込めるゴミは一般廃棄物のみです。ゴミ処理センターの担当地域外からの持ち込みは不可となっています。確認のため身分証の提示が求められますので用意してください。

また、施設利用料は搬入した廃棄物の重量で管理されていることが多く、10kgごとに料金設定されているケースが大半です。詳しくはゴミ処理センターへ問い合わせて確認してください。

不用品回収業者なら分別不要でゴミ回収ができる

自治体で回収できないゴミは、不用品回収業者へ依頼してください。複数の種類が混ざったゴミを、分別していない状態でも回収可能。

搬出作業も任せられますので、ゴミが大量にあるときにもおすすめです。

ただし、一部回収できない品目もあるので確認が必要です。対応していないのは以下の品目となります。

品目 処分方法
石油類(ガソリンなど) ガソリンスタンド
食品類 可燃ゴミ
動物の死体 保健所
生きている動物 動物愛護団体

分別不要でゴミ回収業者が引き取れる理由

ゴミ回収業者が分別不要でゴミを引き取れる理由は、回収したゴミを業者が分別しているからです。つまり、自分でやるべき分別作業を代行してくれているということになります。

回収されたゴミは、倉庫などで業者の手により分別されます。利用できるものはリサイクルし、利用できないものは分解して、種類ごとに分別処理されているのです。

ゴミ回収業者へ依頼するメリット・デメリット

ゴミ回収業者に依頼すれば、分別不要で運び出しまでやってもらえます。大量のゴミにも対応していますので、自分で処理できない方にもおすすめです。

メリット
  • 分別不要で回収してもらえる。
  • 運び出しを任せられる
デメリット
  • 費用が高くなる

不用品回収を依頼する際は一括見積コンシェルジュで複数社からを比較しましょう!

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

一括見積もりコンシェルジュの一括見積もり

分別不要のゴミ回収業者はこんな時におすすめ

分別不用のゴミ回収業者は、ゴミ屋敷や遺品整理などの、どこから手を付けていいのか分からない状態をお任せできるのが心強い存在です。

自分で片付けるにはめんどくさい。でも大量のゴミを捨てたい。という場合にはゴミ回収業者がぴったりです。

ゴミ屋敷の解決

ゴミ屋敷と呼ばれる状態までゴミが溜まってしまうと、自力での処分は困難です。何年もかけて蓄積したゴミは、どこに何があるのか不明で、悪臭を放っていたり害虫が発生していることもあるでしょう。

そんな時には分別不要で依頼できる、生活ゴミ・家庭ゴミ・燃えるゴミなどまとめてOKのゴミ回収業者が頼りになります。

すべてお任せすることで手間がかからず、スピーディーに片づけてくれるので、快適な住環境を取り戻すことができます。

ゴミ屋敷専門業者を比較

ゴミ屋敷片付け
不用品買取 相談 相談
遺品整理 相談
ハウスクリーニング 相談
見積もり依頼 見積もり依頼 見積もり依頼

不用品回収を依頼する際は一括見積コンシェルジュで複数社からを比較しましょう!

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

一括見積もりコンシェルジュの一括見積もり

遺品整理の依頼

親が亡くなったなどの理由で、遺品整理が必要になったが、手伝える身内が少なくてゴミの処分ができない。突然の死で何をすればいいのか分からない。遠方に住んでいるため都合がつかない場合も困りますよね。

そんな状況で困っている方にもゴミ回収業者がおすすめです。ゴミの分別や運び出しをお任せできるので、依頼者の負担が小さく、処分にかかる時間も短くできます。

遺品整理専門業者を比較

遺品整理
生前整理 相談 相談
遺品供養 相談
清掃作業 相談
見積もり依頼 見積もり依頼 見積もり依頼

分別不要の不用品回収業者を選ぶ時の注意点

さっそく依頼してみたいけどトラブルが心配。という人のために不用品回収業者を選ぶ注意点をまとめました。

不用品回収業者を選ぶときの参考にしてください。

優良な不用品回収業者を選ぶポイントは下記の5つです。

  • 一般廃棄物収集運搬業許可・古物商許可がある業者を選ぶ
  • 料金や見積もりの詳細が詳しい業者を選ぶ
  • 実績が豊富で口コミ・評判が好評な業者を選ぶ
  • 相場料金と相応程度の料金設定している業者を選ぶ
  • 損害賠償保険に加入している業者を選ぶ

信用度の低い不用品回収業者を見抜くポイントは下記の5つです。

  • 会社住所や固定電話がない業者は注意
  • チラシやネットで無料や格安と宣伝している業者は注意
  • 地域をトラックで巡回していたり訪問営業してくる業者

このような特徴に当てはまる不用品回収業者は悪質な業者が多くぼったくりやトラブルなどが発生する可能性もあるため注意が必要です。

これらの内容を詳細に解説した記事を用意しました。粗大ゴミや引っ越しなど、シチュエーション別の選び方も解説していますので、あなたのケースに合わせて活用してください。

不用品回収業者の選び方の記事はこちら

PAGE TOP