石油ファンヒーターの処分方法は?無料回収できる?

なんでも宅配買取してくれるBUY王↓↓↓↓↓

BUY王

石油ファンヒーターを処分方法とかかる費用

冬の暖房器具として重宝される石油ファンヒーターですが、処分方法についてご存じですか?

石油ファンヒーターは灯油を使用するため、処分法によっては灯油を抜く手間がかかります。

石油ファンヒーターの処分方法には下記のとおりです。

  • 自治体の粗大ゴミを出す
  • 家電量販店で回収してもらう
  • ホームセンターで処分してもらう
  • リサイクルショップや買取業者の買取
  • 不用品回収業者ヘ依頼する

石油ファンヒーターの場合は無料回収の方法はないが、年式が新しければリサイクルショップや買取業者に依頼すれば無料で回収・買取してもらえます。

自治体の粗大ゴミを出す

自治体の粗大ごみとして処分するのが一般的な処分方法です。

粗大ゴミは、自治体で指定されている有料のゴミ処理券を貼らなければ回収されません。ゴミ処理券はコンビニや取扱いのあるスーパーなどで購入できます。

また、内部に灯油が残っていると危険ですので、灯油を使い切るか破棄してから処分します。乾電池式のものは、乾電池も抜いておいてください。

メリット
  • 低価格で処分できる
デメリット
  • 石油の処理が必要
  • 処分まで期間が空くことがある
  • 持ち運びが必要

石油ファンヒーターを処分する前の準備

  1. 乾電池を外す
  2. 完全に灯油を抜く
  3. 逆さにして不燃物の日に出す

家電量販店で回収してもらう

家電量販店では、石油ファンヒーターを回収している店舗があります。

下取りや回収サービスのある家電量販店であれば、石油ファンヒーターの買い換え時に引き取りが可能です。

家電量販店に回収をしてもらう際は、電話による問い合わせや、Webサイトで事前に確認してから依頼することをおすすめします。

下記では、全国に店舗をもつヤマダ電機とケーズデンキ、エディオンでは石油ファンヒーターを回収しているのかご紹介していきます。

家電量販店 費用 注意点
ヤマダ電気 石油ファンヒーターは対象外
ヨドバシカメラ 2,200円 3辺の合計が240㎝以下かつ30㎏以下
ケーズデンキ 2,200円 自宅まで引き取り依頼の場合は別途手数料がかかる
エディオン 1,100円 残った灯油は処分しておく
ビックカメラ 石油ファンヒーターは対象外
ジョーシン 1,100円 一部店舗では引き取り非対応
メリット
  • 処分の手間がかからない
デメリット
  • 非対応の店舗もある
  • 費用がかかる

ホームセンターで処分してもらう

ホームセンターでも石油ファンヒーターを回収している店舗があります。

しかし、処分してもらう際に何点か注意点があります。

  • 同等商品1点購入につき1台引き取り
  • 店舗持ち込み
  • ネットショップでの購入は対象外

上記に注意してホームセンターの引き取りサービスを利用してください。

ホームセンターごとの費用や石油ファンヒーターは引き取り対象なのか店舗ごとに紹介します。

ホームセンター 料金 引き取りサービス
カインズ 無料 引き取り可能(店舗持ち込み)
コーナン 無料 同等品を新しく購入した場合で、店舗に持ち込みをした時のみ
コメリ 無料 同等品を新しく購入した場合で、店舗に持ち込みをした時のみ
ホーマック 無料 同等品を新しく購入した場合で、店舗に持ち込みをした時のみ
カーマホームセンター 無料 同等品を新しく購入した場合で、店舗に持ち込みをした時のみ
サンデー 無料 同等品を新しく購入した場合で、店舗に持ち込みをした時のみ
メリット
  • 無料で引き取ってもらえる
デメリット
  • 店舗に持ち込みしなくてはいけない

リサイクルショップや買取業者の買取

比較的新しい物であれば、リサイクルショップで売ることもできます。

製造年が古いと引き取ってもらえないことがありますので、あらかじめメーカーや型、製造年を確認してください。(目安は製造5年程度までの物)

また、直接リサイクルショップに持っていく際は、査定不可となった場合や査定金額が納得いかなかった場合に、持ち帰らなければならないので注意してください。

売却することができれば収入を得ることも可能です。

なんでも宅配買取してくれるBUY王↓↓↓↓↓

BUY王

メリット
  • 比較的新しいものであれば高値で売却できる
  • 店頭に持ち込めば即現金化できる
デメリット
  • 古いものは値が付かない
  • 石油ファンヒーターは対応不可の店舗もある

フリマアプリやオークションで売却

状態が良い物であればフリマアプリで売ることもできます。

フリマアプリで売る場合には、手元にある石油ファンヒーターの写真掲載や商品説明を怠ってしまうと、買い手とトラブルを招くことになるので気を付けましょう。

フリマアプリの場合、買い手がすぐにつかないこともあるため、すぐに処分したいと考えている人にはおすすめできません。

メリット
  • 高く売れれば収益が出る
デメリット
  • 自分で出品から配送の作業をする必要がある
  • 売れない可能性もある

不用品回収業者ヘ依頼する

処分するしかない状態であれば、不用品回収業者の利用もおすすめです。

指定した日に自宅まで取りに来てくれるので、重量のある物や大きさのある物でも手間がかかりません。ただし1点だけの依頼だと費用が高くつくことがあるため、いくつかまとめて依頼するとお得です。

メリット
  • 石油が残っていても処分してもらえる
  • 即日対応可能な業者が多い
デメリット
  • 比較的コストが高い

不用品回収を依頼する際は一括見積コンシェルジュで複数社からを比較しましょう!

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

一括見積もりコンシェルジュの一括見積もり

石油ファンヒーターを処分する際の注意点

灯油は使い切るか全て出す

内部に灯油が残っていると事故につながる恐れがあるため、タンクの内部は空にしてから処分する必要があります。

使い切れない量が残っている場合は、ガソリンスタンドに持ち込むと引き取ってもらえので、次のシーズンも同じ灯油を使用するのは避けましょう。

乾電池を取り出す

乾電池はそのまま処分することができないため、石油ファンヒーターを破棄する場合は必ず抜いておきましょう。

乾電池は「乾電池リサイクルBOX」などで処分するようにしましょう。

石油ファンヒーター処分に関するQ&A

余った石油はどうする?

ガソリンスタンドに持ち込めば引き取ってもらえます。灯油は劣化するため、次のシーズンも同じ灯油を使用するのは避けてください。

石油ファンヒーターの寿命と処分の目安は?

寿命は平均すると6〜8年ほどです。また、故障のサインが出たときが捨てどきです。

PAGE TOP