布団の処分方法は9つ!敷布団・羽毛布団の処分方法を解説


布団の処分方法それぞれの特徴を表にしました。

処分方法 処分費用 手間
買い替え時の引き取り 無料
自分で解体する 無料 ×
粗大ゴミとして出す 200円~400円
リサイクルショップ 買い取ってもらえれば無料
引越し業者に依頼 3,000円程度
リサイクル回収 無料
不用品回収業者に依頼 1,000円〜3,000円

[the_ad id=”3050″]

目次
  1. 布団の処分方法は9つ
  2. 布団の処分にかかる費用の比較表
  3. 処分方法①:リサイクル回収してもらう(羽毛のみ)
  4. 処分方法②:自治体の粗大ゴミとして出す
  5. 処分方法③:布団を解体して一般ゴミで出す
  6. 処分方法④:布団の買い替え時に引き取ってもらう
  7. 処分方法⑤:引越し時に布団を処分してもらう
  8. 処分方法⑥:リサイクルショップに買い取ってもらう
  9. 処分方法⑦:フリマやオークションに出す
  10. 処分方法⑧:知り合いに譲る・ジモティーを使う
  11. 処分方法⑨:不用品回収業者に処分してもらう

布団の処分方法は9つ

布団を処分する場合、下記の方法があります。

自分の状況に合った処分の方法を検討してください。

布団を捨てたいけど運べないという方向けの処分法

布団が重くて1人で運べないという場合には、下記の処分方法がおすすめです。

  • 自治体の粗大ゴミで処分【条件付き】
  • 引越し時に同時に引き取ってもらう
  • 不用品回収業者に依頼する

費用を安く抑えたい・無料で処分したい場合

無料で処分したい場合や、できるだけ費用を安く抑えたい場合は、下記の処分方法を検討してください。

  • リサイクル回収してもらう
  • 解体して可燃ゴミで処分【無料】
  • 自治体の粗大ゴミで処分する
  • リサイクルショップに買い取ってもらう
  • フリマアプリやオークションで売る

布団の処分にかかる費用の比較表

処分方法 処分費用 手間
買い替え時の引き取り 無料
自分で解体する 無料 ×
粗大ゴミとして出す 200円~400円
リサイクルショップ 買い取ってもらえれば無料
引越し業者に依頼 3,000円程度
リサイクル回収 無料
不用品回収業者に依頼 1,000円〜3,000円

処分方法①:リサイクル回収してもらう(羽毛のみ)

「GreenDownProject」に参加している店舗であれば、羽毛布団を無料で回収してもらえます。

協賛店舗は日本全国にありますが、布団の回収ルールが異なりますので、お近くの店舗にお問い合わせください。

ダウン率50%以上であれば回収可能です。

濡れているもの、綿布団は回収不可となっています。

お住まいの地域で対応している店舗は「GreenDownProject」店舗一覧からご覧ください。

「GreenDownProject」とは別の話ですが、期間限定で羽毛布団のリサイクル回収が実施されます。

リサイクル回収のメリット・デメリット

メリット
  • 無料で回収してもらえる
  • ゴミの量削減に貢献できる
デメリット
  • 羽毛布団のみ対象
  • 自分で持ち込みする必要がある

ニトリや他の店舗でも期間限定で布団回収が可能

2023年10月2日(月)~12月31日まで。以下の全店舗にて回収します。

  • ニトリ
  • ニトリEXPRESS
  • 島忠
  • 島忠ホームズ
  • ニトリホームズ

処分方法②:自治体の粗大ゴミとして出す

布団を粗大ゴミとして処分する場合は、主に自治体へ粗大ゴミの戸別収集を依頼する方法と、ゴミ処理センターへ直接持ち込みする方法があります。

一般的に布団の処理には粗大ゴミの回収費用がかかる場合がほとんどですので、ルールに沿って出してください。

自治体によっては、回収日が月に1回しかないなど、処分するまでにかなりの時間がかかることもあります。

布団の運び出しが困難な場合

基本的に粗大ゴミの収集では、指定の場所へ自分で運び出す必要があります。

重量のある布団をどうしても運べない場合、下記の条件に当てはまるなら、運び出しのサービスを受けられる自治体があります。

  • 65歳以上で単身のご家庭
  • 身体障害者のみのご家庭
  • お身体に不自由がある場合

自治体の窓口へ連絡してみて、対応してもらえるのか確認してみましょう。

布団の粗大ゴミの処分費用の目安

品目 料金
布団 200円〜400円

布団は比較的安く回収されることが多いです。

布団は30㎝以上で5キロを超えるものなどのルールで粗大ゴミに分類されます。

持ち込みの場合の費用は、10kgあたり200円など重さによって料金が決定されます。

詳しくはお住まいの自治体HPなどを確認してください。

粗大ゴミで処分するメリット
  • 業者に頼むよりも安い
粗大ゴミで処分するデメリット
  • 料金が必要
  • 回収に時間がかかることが多い
  • 自分で運ぶ手間が発生する

処分方法③:布団を解体して一般ゴミで出す

布団を自分で解体して小さくできれば、素材ごとに一般ゴミとして出すことができます。

指定の収集袋に入る大きさが目安となり、一般的に、「1辺の長さ30㎝以内」などのルールが設定されています。

解体したゴミは「燃えるゴミ・燃えないゴミ」の区分に分けて出してください。一般ゴミで出せれば費用がかからないので無料で処分可能です。

ゴミ解体の注意点としては、道具を使うので大変な作業になります。素材ごとにしっかりと分別してください。作業場所を確保してから実施しましょう。

一般ゴミで処分するメリット
  • 費用がかからない
一般ゴミで処分するデメリット
  • 自分で解体しなければならない
  • 解体スペースや工具が必要になる

処分方法④:布団の買い替え時に引き取ってもらう

家具の買い替え時に古い布団の引き取りサービスを、大手の家具販売店(島忠ホームズ・コーナン)で行っています。

購入した家具の納品時に、古い布団を引き取ってもらえるサービスです。

店舗 引き取り費用
島忠ホームズ
無料
コーナン
無料

島忠ホームズの布団の無料引き取り条件

島忠ホームズの無料引き取り条件

  • 島忠ホームズで新しい布団を買った場合に限る
  • 購入した商品と同等・同数を引き取り
  • 通販サイトの利用は対象外
  • 店舗までお持ちいただいたものが対象

コーナンの布団の無料引き取り条件

コーナンの無料引き取り条件

  • コーナンで布団を買った場合に限る
  • お買い上げ1点に付き同等品1点引き取り
  • 店舗まで持ち込んだものが対象
メリット
  • 新しい布団と引き換えに回収してくれる
デメリット
  • 引き取りのみには対応していない
  • 対応商品や品目が限られている
  • 自分で持ち込まなくてはならない

処分方法⑤:引越し時に布団を処分してもらう

引っ越し時サービスの利用前提で、布団を処分してくれる業者だと楽に処分できます。

引き取りには処分費用がかかりますが、状態のいいものであれば買取に対応している業者もあります。

引越し業者の一括見積もりなら引越し侍↓↓↓↓↓

引越し一括見積もり

布団も処分してくれる引越し業者一覧

会社名 不用品の引き取り 不用品の買取
アリさんマークの引越し社 可能 なし
サカイ引越しセンター 一部エリアに限り、委任状があれば可能 なし
日本通運(日通) 相談可能 なし
アップル引越しセンター 可能 あり
ハート引越しセンター 可能 なし

不用品回収もOKな引越し業者

メリット
  • 不用品の処分と引越し作業を同時にできる
  • 持ち運びを任せられる
デメリット
  • 引越し代とは別に処分費用がかかる
  • 布団の引き取りに対応していない業者もある

処分方法⑥:リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップに買い取ってもらい処分する方法もあります。

買い取ってもらえれば収入になりますし、最悪の場合でも、無料で引き取ってもらえるのでメリットは高いです。

状態のいいものであれば高く買い取ってもらえることもあります。しかし、状態が悪い布団は買い取ってもらえない可能性もあるので注意が必要です。

持ち込み先のリサイクルショップまで運搬する手段がある方にはおすすめです。

リサイクルショップのメリット
  • 無料もしくは収入を得られる
  • すぐに処分できる
リサイクルショップのデメリット
  • 自分で持ち運びをしないといけない
  • 引き取ってもらえない可能性もある

なんでも宅配買取してくれるBUY王↓↓↓↓↓

BUY王

処分方法⑦:フリマやオークションに出す

フリマアプリやオークションに不要になった布団を出して処分することもできます。

出品から発送まで、すべて自分で作業する必要があるため、慣れていない人は苦労するかもしれません。

また、受け取り相手のお客さんへの対応も必要となります。

なんでも宅配買取してくれるBUY王↓↓↓↓↓

BUY王

フリマアプリ・オークションに出す場合は無料

フリマ・オークションに出す場合には、費用はかかりません。

売れたときに手数料が発生する仕組みとなります。

赤字にならないように処分するためには、売り上げが手数料と配送料の合計を上回る必要があります。

フリマアプリ・オークションのメリット・デメリット

メリット
  • 高く売れれば収益が出る
デメリット
  • 自分で出品から配送の作業をする必要がある
  • 売れない可能性もある
  • 買い手との対応が必要

なんでも宅配買取してくれるBUY王↓↓↓↓↓

BUY王

処分方法⑧:知り合いに譲る・ジモティーを使う

知人や家族など布団が欲しいという方に譲るのも一つの手です。

知り合いに欲しがっている人がいない場合は、ジモティーを使って譲る相手を探すことができます。

すぐに相手が見つかればいい方法ですが、時間がかかる場合は、なかなか処分できないため他の方法も検討しましょう。

知り合いに譲る場合は無料

知り合いに譲る場合には、費用はかかりません。

周りに布団が欲しい人がいないか聞いてみましょう。

知り合いに譲る場合のメリット・デメリット

知り合いに譲るメリット
  • 無料で処分できる
知り合いに譲るデメリット
  • 欲しい人がいないと処分できない
  • 受け渡す手間がある

処分方法⑨:不用品回収業者に処分してもらう

不用品回収業者に依頼することもできます。単品回収だと割高になることが多いですが、急ぎで処分したい場合にはおすすめです。

不用品がたくさんある場合は、軽トラ1台などのパック料金で依頼すると、単品回収の合計よりも安くできます。

不用品回収業者に処分してもらう場合の費用目安

布団 料金
布団 1,000円〜3,000円程度

不用品回収業者に処分してもらうメリット・デメリット

メリット
  • すぐに処分ができる
  • 運び出しの作業なども依頼できる
  • 他の不用品もまとめて処分できる
デメリット
  • 単品だと費用は割高になる

不用品回収を依頼する際は一括見積コンシェルジュで複数社からを比較しましょう!

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

一括見積もりコンシェルジュの一括見積もり

PAGE TOP