汚部屋掃除の効率的な手順を紹介!準備するものから始め方まで解説

ゴミ屋敷専門業者を比較

ゴミ屋敷片付け
不用品買取 相談 相談
遺品整理 相談
ハウスクリーニング 相談
見積もり依頼 見積もり依頼 見積もり依頼

不用品回収を依頼する際は一括見積コンシェルジュで複数社からを比較しましょう!

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

一括見積もりコンシェルジュの一括見積もり

汚部屋掃除を効率よく進める手順

ゴミを溜め込んでしまった状況では、どこから手を付けていいのかわからなくなっている人が多いです。

そこで、汚部屋の掃除を効率よく進める方法を、以下の手順で解説していきます。

  1. 掃除道具を揃える
  2. すぐに捨てられるものから捨てる
  3. 大きいものを処分していく
  4. 整理して定位置に配置する

掃除の手順を4つのステップに分けて、1番から順に説明していきます。時間のかかる作業ですので、少しずつ進めていきましょう。

①掃除道具を揃える

まずは掃除道具を揃えます。ほとんどが家にあるものなので、足りないものだけ買い揃えましょう。

必要な道具のリストは以下の通りです。

  • ゴミ袋
  • ビニール紐・ハサミ
  • 掃除機
  • 雑巾・モップ
  • マスク
  • 軍手
  • スリッパ
  • 台車

ホコリが多い環境での作業となりますので、しっかりと換気してください。ホコリが積もっているものもありますので、捨てずに残すものは雑巾・モップで掃除してから片付けていきます。

また、掃除機を使うときには排気の方向に注意してください。舞い上がったホコリやカビを吸い込んでしまうかもしれません。マスクの着用も必要になるでしょう。

ゴミに尖ったものが混ざっていたり、足の踏み場もないほど散らかっているなら、軍手・スリッパが必要です。

また、台車はゴミの量が多く、運搬ルートが平坦であるなら効率よくゴミを運べます。

どんな道具を用意するかは、お住まいの環境に合わせて使い分けてください。

②すぐに捨てられるものから捨てる

道具が揃ったらゴミ処理作業に取りかかります。まずは、ドアの近くから片付けて作業スペースを作るのがポイントです。ドアから部屋までの導線を確保し、ゴミの運搬ルートを作ってください。もし、家全体が散らかっているなら玄関から片付けていきます。

まずは物を減らすことを優先して作業していきます。明らかなゴミから処分していき、処分に困るものは後回しにしてください。

不要と判断できるものをいくつか挙げておきます。参考にしてください。

  • 服(何年も着ていない)
  • タオル(古いもの)
  • 漫画・雑誌(何年も読んでいない)
  • 人形・クッション(ダニの温床)
  • 椅子・ソファ(座っていないなら処分)
  • 観葉植物や雑貨(汚部屋には不要)

その他、収納スペースに入らないものは、管理できないため捨てた方がいいでしょう。

③大きいものを処分していく

大きなものを処分すると、作業スペースが確保できます。部屋が広く使えることはモチベーションアップにつながりますので、積極的に処分していきましょう。

不要になった家具・家電であれば買取を依頼するのもおすすめです。大型家具など1人で運べないものは、出張買取を依頼すると自宅まで取りに来てくれます。

なんでも宅配買取してくれるBUY王↓↓↓↓↓

BUY王

④整理して定位置に配置する

部屋が片付いたら、必要なものを整理して定位置を決めてください。

生活していくうえで、そこにあると便利なものを配置します。置き場所の収納能力を超えるものは処分してください。

また、物を無駄に増やさないように心掛け、必要なものだけを購入してください。購入したものが無駄なく使い切れているのか確認しましょう。

汚れが付いたときにすぐ掃除すれば、それほど手間はかかりません。ゴミを溜め込まなければ、維持するための労力は少なく済むので、こまめに掃除する習慣を身に付けてください。

汚部屋掃除を効率よく進めるためのコツ

汚部屋掃除を効率よく進めるためのコツを3つ紹介します。

簡単に言えば、掃除は物を減らしていくという作業なので、難しく考えず手を動かしていきましょう。

1日の作業の目標を決める

作業量が多くて長時間かかりそうな場合、1日の作業量を決めてから始めるのがおすすめです。先に目標を決めることでモチベーションを保つことができます。

片付いたゴミの下から新たなゴミが出てくるので、それをどう処分するかを明日以降に考えていくという流れです。毎日作業して確実にゴミを減らしていきましょう。

捨てるか迷うものはどんどん捨てる

掃除とは物を減らす作業です。捨てるコツとして自分なりの基準を決めておくといいでしょう。

以下のものは捨ててもいいと判断できます。

  • 数年間使っていないもの
  • 収納できないもの
  • いつ使ったのか覚えていないもの
  • 判断に迷うもの

4つ目の「判断に迷うもの」に関しては、はっきり「必要」だと判断できないのであれば、不要である可能性が高いということです。

完璧にやろうとしなくてもいい

これまでさまざまなことを解説してきましたが、すべてを完璧にやらなくても問題ありません。

目的は物を減らすことですので、まずは簡単なところから手を付けゴミの量を減らしていくことを重視しましょう。

とりあえず手を動かしているだけで、やる気は後から出てきます。まずは動くことが大事です。そのきっかけとして、簡単な作業から取りかかるといいでしょう。

一人で片付けるのが難しいと感じたら

もし、一人で片付けるのが難しいと感じたら、専門業者への依頼を検討しましょう。

ゴミ屋敷を自力で片付けるための方法をまとめた記事がありますので、参考にしてください。

ゴミ屋敷を自力で片付ける方法の記事はこちら

ゴミ屋敷専門業者を比較

ゴミ屋敷片付け
不用品買取 相談 相談
遺品整理 相談
ハウスクリーニング 相談
見積もり依頼 見積もり依頼 見積もり依頼

不用品回収を依頼する際は一括見積コンシェルジュで複数社からを比較しましょう!

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

一括見積もりコンシェルジュの一括見積もり

PAGE TOP