ゴミ屋敷片付けは自力でできる?片付けから掃除まで方法やコツを紹介!

ゴミ屋敷専門業者を比較

ゴミ屋敷片付け
不用品買取 相談 相談
遺品整理 相談
ハウスクリーニング 相談
見積もり依頼 見積もり依頼 見積もり依頼

「ゴミ屋敷は自力で片付けられる?」「実家がゴミ屋敷になってしまった」「どこから片付ければいいの?」そんな方にゴミ屋敷の掃除・片付けの方法をご紹介します。

目次
  1. ゴミ屋敷の片付けは自分でできるの?
  2. ゴミ屋敷の掃除を自力でできるかの判断基準
  3. ゴミ屋敷を自分で片付ける場合のメリットデメリット
  4. ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するメリットデメリット
  5. ゴミ屋敷の片付けを始める前に準備すること
  6. 自力でゴミ屋敷を片付ける手順とコツ
  7. 再びゴミ屋敷にさせないためのコツ

ゴミ屋敷の片付けは自分でできるの?

ゴミ屋敷の片付けは、ゴミ屋敷の程度にもよりますが自分でできます。

時間をかけて全て自分でやるという選択肢もありますし、もし全てできなかったとしても自分で片付けができる範囲まで片付けられれば、仮にプロのゴミ屋敷片付け業者に依頼したとしても、費用は多少なりと抑えることもできます。

業者にまるっとお願いした場合はかなり費用もかさみますので、自分でできるところまででも実施してみるといいでしょう。

ゴミ屋敷の掃除を自力でできるかの判断基準

ゴミ屋敷掃除はゴミ屋敷のレベルによって自力でできるかどうかが変わってきます。

下記の基準を確認し自分で片付けられるか判断しましょう。

広さが3DK以内かどうか

自分で掃除できる家の広さは3DKを一つの目安としましょう。

あまりに広くたくさんのゴミがある場合、時間や労力がかかってしまい途中で断念してしまうため、目安は3DKまでとしておくといいでしょう。

放棄してしまうと結局業者に依頼することになり費用がかかります。

浴室・洗面台・キッチンなどの水回りが機能している

清掃作業には水回りが機能しているかは重要になってきます。

水が使えない状況だと、雑巾掛けや洗剤などを使った掃除ができいなくなってしまうため自分で掃除する難易度がかなり上がってしまいます。

水回りが利用できる状況であれば自分でゴミ屋敷の片付けもはかどります。

ゴミ屋敷のレベルが3以下

ゴミ屋敷の程度を判断するためにレベル別の表をまとめました。

ゴミ屋敷のレベル 状態・程度
レベル1 床が十分見えていて脚の踏み場がある状態。
レベル2 ゴミが足首くらいまで埋まっているの状態で歩くのが難しい状態。
レベル3 膝くらいの高さまでゴミが埋まっていて足の踏み場がない状態。
レベル4 腰の高さくらいまで積もっていて部屋の中に入るのが困難。
レベル5 天井までゴミで埋もれているレベル。住めない&素人の作業は不可能な状態。

自分1人でできるレベルの目安としては、レベル3程度を目安にしておくといいでしょう。

ゴミが崩れるほどの高さや量ではなく安全と確認できれば自分で掃除することができます。

レベル4〜5のゴミの量が天井近くまでパンパンに積み上がっている場合、ゴミが崩れ危険な状態となるため自分で片付けるのは控えましょう。

身動きが取れないほどのゴミの量であれば、そもそも片付けすらままなりません。

この場合は、玄関周りなど自分で無理なくできるところだけ片付けるなど作業ラインを決めましょう。

レベル4以上はプロに任せることをお勧めします。

すぐに捨てられるものか

すぐに捨てられるゴミかどうかも重要です。

食べ終わった後の弁当や弁当などの可燃ゴミやペットボトルや缶などの不燃ゴミばかりであれば自力で片付けることができます。

可燃ゴミ用の袋と不燃ゴミ用の袋を用紙して、捨てられるものからどんどん捨てていくことでスペースもでき、作業も捗ります。

仕分けが簡単にできるものか

ゴミ屋敷にある古い本や服なども、この際思い切って捨ててしまいましょう。

まだ使えるかも?とか思い出の品物などでなかなか捨てれられないものが多い場合、ゴミ屋敷の片付けは進みません。

こういったものも極力判断よく捨てていくことができれば自分でも掃除ができます。

また、人気の本やDVDなどまだ買い取れそうなものがあれば、下記のような買取業者に買い取ってもらえれば手放しやすくもなります。

本やCDやゲームなど箱に詰めて送るだけで簡単に買取↓↓↓↓↓

買取ならブックサプライ

 

ゴミ屋敷を自分で片付ける場合のメリットデメリット

下記に自分でゴミ屋敷を片付ける場合のメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット
  • プロの業者に頼むより安く済む
  • 自分のペースで片付けられる
  • 一目を気にしなくて済む
デメリット
  • 時間と手間がかかる
  • 腐敗物や害虫が発生した場合に十分な消毒や清掃ができない
  • 大量のゴミを捨てなければいけない

メリット:プロの業者に頼むより安く済む

自分で片付ける最大のメリットは費用を安く抑えられることです。

程度によっては、害虫駆除グッズや消毒などの薬品、清掃道具など揃える必要もありやや費用もかかりますが、全て依頼するよりは安く済みます。

足りないものなどを購入する手間などはかかりまうが、依頼するよりは断然安く済みます。

ゴミ屋敷の片付けを依頼するとなると高額な費用がかかりがちですが、お金がないという方でも自分で片付ければかなり費用を抑えられます。

メリット:自分のペースで片付けられる

時間に追われる必要がなければ自分の空き時間などを利用して自分のペースで片付けることができます。

時間はかかっても焦る必要もないので、ゆっくり作業ができます。

メリット:一目を気にしなくて済む

ゴミ屋敷の中には他人に見られたくないものもあったりする場合があります。

また、業者に依頼する場合は部屋に入って作業をしてもらわないといけないため、ゴミ屋敷状態となっている部屋を業者に見られる事が嫌だという方もいるかもしれません。

それ以外にも部屋に人を入れたくないという方も自分で片付け作業をすれば気にせず作業ができます。

デメリット:時間と労力がかかる

自分でゴミ屋敷を掃除する最大のデメリットとしては時間と労力がかかる事です。

ゴミ屋敷の程度にもよりますが、量が多い場合はかなりの時間と労力がかかることは覚えておきましょう。

まずは1時間程度の作業をしてみて、自分でできる所まで進めてみてからゴミ屋敷片付け業者に依頼するか判断する形でもいいと思います。

デメリット:腐敗物や害虫が発生した場合に十分な消毒や清掃ができない

腐った食べ物や害虫などが湧くような不衛生な状態になってしまっている場合、ゴミ処理後に消毒や清掃作業が必要となります。

自分でも実施はできますが、汚れがひどい場合はプロのような技術がないと綺麗にできない可能性もあります。

そういった場合は、消毒やクリーニングだけ業者に依頼するという方法もあります。

ハウスクリーニングならオンがおすすめ↓↓↓↓↓

ハウスクリーニングのオン

デメリット:大量のゴミを捨てなければいけない

大量なゴミを捨てる場合、労力がかかることもそうですが処分するための費用がかかるケースもあります。

可燃ゴミや不燃ゴミであれば無料で捨てることができますが、粗大ゴミやリサイクルが必要なものは処分費用がかかる場合があります。

この場合、やや処分に手間がかかったりすぐに捨てられないなどデメリットも多くあります。

費用を極力かけたくない場合は、買取業者などに依頼し買い取ってもらえるものがあるか査定してもらうことをお勧めします。

家電の買取なら高く買い取ってくれるBUYSELLがおすすめ

↓↓↓↓↓

BUYSELL

本やCDやゲームなど箱に詰めて送るだけで簡単に買取↓↓↓↓↓

買取ならブックサプライ

 

ゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するメリットデメリット

業者に依頼する場合のメリットとデメリットをまとめると下記です。

メリット
  • 作業をまるっとお願いできる
  • 自分で片付けるよりも早い
  • ハウスクリーニングなど清掃作業も依頼できる
デメリット
  • 費用がかかる
  • ゴミ屋敷を覗かれるストレスがある

ゴミ屋敷専門業者を比較

ゴミ屋敷片付け
不用品買取 相談 相談
遺品整理 相談
ハウスクリーニング 相談
見積もり依頼 見積もり依頼 見積もり依頼

メリット:作業をまるっとお願いできる

業者に依頼するメリットはなんといってもまるっと作業をお願いできることです。

自力で全てやろうとすると、大量のゴミを処分する労力がかなりかかります。

ゴミの運び出しや処分の手配まで全てお任せできます。

メリット:早く片付けられる

業者はプロなので段取りも良く短時間で片付けてくれます。

急いで片付けないといけない場合、自分で何日もかけて実施するよりもプロに任せてすぐに片付けを終わられせることもできます。

メリット:ハウスクリーニングなど清掃作業も依頼可能

ゴミ屋敷の程度がひどい場合、害虫がわいたり腐敗物などが出てしまう場合など専門的な消毒作業や清掃作業が必要となります。

素人の技術では対応できない場合でも、プロの技術であれば壁や床など綺麗に清掃が可能です。

ハウスクリーニングならオンがおすすめ↓↓↓↓↓

ハウスクリーニングのオン

デメリット:費用がかかる

作業量やスタッフ数などにより費用に差はありますが、自分で片付けるより高い費用がかかってきます。

デメリット:自分の家のゴミ屋敷を覗かれるストレスがある

自分の家のゴミ屋敷の状態を人に見られることでのストレスを感じる方も多いようです。

ゴミ屋敷とわかっていても、気になる方は気になります。

ゴミ屋敷の片付けを始める前に準備すること

1日でどこまで片付けるか決める目標を立てる

ゴミの回収日やゴミ処理施設の受付時間を把握する

スムーズにゴミを捨てられるために、ゴミの回収日をチェックしておきましょう。

下記をチェックしておきましょう。

  • 可燃ゴミや不燃ゴミの収集日
  • 粗大ゴミの収集日
  • ゴミ処理施設の営業日と時間

これらの時間を把握しておき、スケジュールや優先順位を決めてゴミを処分していく計画を立てることをお勧めします。

粗大ゴミ処分にかかる費用の目安

また粗大ゴミの処理にかかる費用などもあらかじめ確認しておきましょう。

自治体によって料金が変わります。

粗大ゴミの例 費用の目安
ベッド、タンスなど 1000円〜2000円程度
テーブル、マットレスなど 1000円程度
カーペット、机など 500円〜1000円程度

※上記は1点あたりの費用になります。

ゴミ処理施設への持ち込みの場合 費用の目安
ゴミ処理施設への持ち込み 10kgごとに100〜200円程度

片付けや掃除に必要な道具を準備する

自分でゴミ屋敷を片付ける場合、下記を準備しておくといいでしょう。

  • マスク、軍手、エプロン、汚れてもOKな服
  • 殺虫剤(スプレー、燻煙剤などがおすすめ)
  • ゴミ袋(量によるが100枚以上など)
  • ガムテープや紐など
  • 新聞紙など(尖ったものを包める)
  • 雑巾、モップ、バケツ、洗剤、ほうき、掃除機等
  • 消毒液等
  • 可能であればゴミを積めるトラックなど

自力で掃除する場合にかかる費用相場の目安

購入するもの 費用の目安
マスク、軍手、エプロン 2000円〜3500円程度
殺虫剤(3本)、燻煙剤(2本)、消毒液の場合 5000円程度
ゴミ袋、ガムテープ、紐 1500円〜2000円程度
雑巾20枚、モップ、バケツ、ほうき 5000円〜6000円程度
合計 13,500円〜16,500円程度

全て新しく購入した場合、掃除にかかる費用の目安は13,500円〜16,500円程度と考えておきましょう。

買わずに家にあるものを利用できる場合はもう少し安く済ませることもできます。

可能であれば手伝ってもらえる人を探す

親族や友人など手伝ってもらえる人がいれば、数人ほどの人手を集めて数日ほどのスケジュールを押さえておいてもらえるといいでしょう。

1人での片付けはあまり現実的ではありません。

自力でゴミ屋敷を片付ける手順とコツ

ゴミ屋敷の片付けはどこから始めたらいいのか?順番からコツまで解説していきます。

手順1:害虫を駆除する

ゴキブリや害虫などが多い場合は、初めに害虫駆除を行いましょう。

「バルサン」や「アースレッド」なそ殺虫剤や駆除剤を作業前に巻いておけば虫などが気にならずに作業がしやすくなります。

手順2:入口付近の大きなものから捨てていく

まずは入口付近からゴミとわかるものからどんどん捨てていきましょう。

初めに入口付近から捨てていくことで、作業スペースなども確保しやすくなります。

ある程度スペースができたら捨てる袋、残す袋を用意して仕分けながら処分していきます。

この時の作業のコツとしては、捨てるか悩む程度のものであれば思い切って捨ててしまうなど、ルールを決めておくと作業も捗るのでお勧めです。

手順3:捨てるものの手配を同時に進める

ある程度仕分けができたら、不燃ゴミや可燃ゴミ、粗大ゴミの収集日に合わせてゴミを捨てていきましょう。

粗大ゴミなどは自治体によっては月に1回しか回収しないということもあるため、粗大ゴミの出すタイミングはしっかり確認しておくことをお勧めします。

手順4:部屋を清掃する

ゴミが全て処分できたら、最後に部屋の清掃を行いましょう。

目に見えるゴミは掃除機やほうきで掃除します。

床や壁など目に見えないバイ菌や虫なども湧いているケースもあるので、下記のような手順でしっかり拭いていきましょう。

  1. 新聞紙や乾拭きなどの雑巾で液体などを拭き取る
  2. しつこい汚れ野場合は洗剤を雑巾などに含ませて拭く
  3. 最後に消毒液をかけて除菌

消毒液などで除菌することでバイ菌などもいなくなり、悪臭などもなくなります。

再びゴミ屋敷にさせないためのコツ

せっかく綺麗に掃除した家も、油断すると再びゴミ屋敷となってしまう可能性もあります。

再びゴミ屋敷にさせないためのポイントを下記にまとめました。

モノの定位置を決める

モノの定位置をしっかり決めておくことが大切です。

使ったものはしっかり定位置に戻すという習慣さえつけておけば、部屋も散らかることはなくなり綺麗な状態が保てます。

そうすることで、いらないものやゴミなどもすぐ判別がつくようになります。

モノを増やさない

1つ増えたら、1つ捨てるといったルールや数ヶ月使っていないものは捨てるといったように、捨てるルールを決めておくことで、モノが増えることがなくなります。

 

PAGE TOP