大量のゴミを捨てたい!まとめて処分する方法は?捨てられる場所はある?

ゴミ屋敷専門業者を比較

ゴミ屋敷片付け
不用品買取 相談 相談
遺品整理 相談
ハウスクリーニング 相談
見積もり依頼 見積もり依頼 見積もり依頼

不用品回収を依頼する際は一括見積コンシェルジュで複数社からを比較しましょう!

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

一括見積もりコンシェルジュの一括見積もり

大量のゴミを処分する方法を紹介

大量のゴミをまとめて処分したいとき、どのような方法があるのかを解説していきます。

大量のゴミを処分する方法は以下の4つです。

  • 不用品回収業者やゴミ屋敷専門の業者に依頼
  • 自治体のゴミ処理施設に自分で持ち込む
  • 自治体の粗大ゴミ収集を利用する
  • リサイクルショップや買取業者も併用する

上記4つの方法を、順番に解説していきます。

不用品回収業者やゴミ屋敷専門の業者に依頼

自治体で回収できないゴミは、不用品回収業者へ依頼してください。複数の種類が混ざったゴミを、分別していない状態でも回収可能。

搬出作業も任せられますので、ゴミが大量にあるときにもおすすめです。

ただし、一部回収できない品目もあるので必ず確認してください。回収できない品目と処分方法は以下の通りです。

品目 処分方法
石油類(ガソリンなど) ガソリンスタンド
食品類 可燃ゴミ
動物の死体 保健所
生きている動物 動物愛護団体

ゴミ回収業者に依頼すれば、分別不要運び出しまでやってもらえます。大量のゴミにも対応していますので、自分で処理できない方にもおすすめです。

以下の記事で詳細に解説していますので、この記事とあわせてご確認ください。

分別不要のゴミ回収業者の記事はこちら

業者に依頼するメリット
  • 分別不要で回収してもらえる。
  • 運び出しを任せられる
業者に依頼するデメリット
  • 費用が高くなる

自治体のゴミ処理施設に自分で持ち込む

排出者本人がゴミ処理センターへ直接持ち込むことで、ゴミを処分してもらうことができます。

持ち込めるゴミは一般廃棄物のみです。ゴミ処理センターの担当地域外からの持ち込みは不可となっています。確認のため身分証の提示が求められますので用意してください。

また、施設利用料は搬入した廃棄物の重量で管理されていることが多く、10kgごとに料金設定されているケースが大半です。

ゴミ処理施設によって回収できるゴミの種類、料金設定が異なります。詳しくはゴミ処理センターへ問い合わせて確認してください。

ゴミ処理施設に持ち込むメリット
  • 業者に頼むよりも安い
ゴミ処理施設に持ち込むデメリット
  • 料金が必要
  • 自分で運ぶ手間が発生する

自治体の粗大ゴミ収集を利用する

粗大ゴミとして処分する場合、自治体へ連絡して戸別収集を依頼します。予約が取れたら、コンビニなどで「粗大ゴミ回収シール」を購入して、粗大ゴミの見えやすい場所に貼ってください。

粗大ゴミ回収シールは、粗大ゴミの品目1点ごとに料金が決まっていますので、自治体のHPなどで確認してください。大量にゴミがある場合、品目数が増えるためシールの購入費用が高くなる可能性があります。

シールを貼り付けたら、予約日の朝に指定場所へ粗大ごみを出したら引き取ってくれる。という流れです。

自治体によっては回収日が月に1回しかないなど、処分までに時間がかかることもあります。

ゴミ処理施設に持ち込むメリット
  • 業者に頼むよりも安い
  • 確実に回収してもらえる
ゴミ処理施設に持ち込むデメリット
  • 料金が必要
  • 戸別収集の予約が必要

リサイクルショップや買取業者も併用する

まだ使えるものはリサイクルショップや買取業者に持ち込み、買い取ってもらえる可能性もあります。

買い取ってもらえれば収入も得られますし、最悪無料で引き取ってもらえるだけでもメリットは高いでしょう。

全部売却できなくても、一部だけでも売れれば処分するべきゴミの量が減らせます。

リサイクルショップや買取業者で売却するには、以下のポイントを押さえてください。

  • 人気ブランド
  • 状態がいいもの
  • 未使用品

リサイクルショップまでは自分で持ち運びをする必要がありますが、買取業者の中には出張買取で査定にきてくれる業者もいます。

買取価格はお店によって差が出るため、複数のお店に査定を出してもらうのがおすすめです。

出張買取OK!高く売るならマクサス

↓↓↓↓↓

マクサス

買取業者のメリット
  • リサイクル費用がかからない
  • 買い取ってもらえばお金になる
買取業者のデメリット
  • 古いものは買い取ってもらえない

大量のゴミを放置するとリスクがたくさん

大量のゴミを放置するとさまざまなリスクが発生します。放置することで状況はどんどん悪化していきますので、できるだけ早く解説してください。

大量のゴミを放置することのリスクは以下の4つです。

  • 害虫が発生する
  • 悪臭の原因になる
  • 健康や精神面に影響が出る
  • 火災のリスクが高まる

それぞれの内容を詳しく見ていきます。

害虫が発生する

ゴミを放置していると、生ゴミなどの水分からコバエが発生します。すると、それを餌とする蜘蛛やゴキブリが集まり、さらにネズミなどの小型哺乳類が住み着くようになります。

さらにネズミを狙って猫が出入りするようになり室内が荒らされるのです。このように放置する期間が長いほど状況は悪くなっていきます。

庭からムカデなどの害虫が入ってくることもあるでしょう。駆除するにしてもゴミの中に逃げてしまうため、すべてのゴミを処分するしか方法はありません。

悪臭の原因になる

大量のゴミを放置していると悪臭の原因になります。主に食べ残しなどの生ゴミが腐って悪臭を放つのです。

ゴミの臭いは屋外にも影響を与えるため。近隣住民には迷惑がかかり、ご近所トラブルの原因となるでしょう。

飲食物などのゴミが多い場合は、特に注意するべきです。

健康や精神面に影響が出る

ゴミの放置は健康面にも影響を与えます。蚊が発生して刺されたり、虫に噛まれることで、感染症を起こすリスクもあるでしょう。

不衛生な環境で食事を取ると食中毒のリスクもありますし、ハウスダストなどの影響でアレルギー症状が発生する可能性もあるのです。

ゴミを放置してしまう理由は、忙しくてゴミを捨てに行けない場合や、精神を病んで溜め込んでしまうなど状況によってさまざまです。

健康な方でも環境が悪いと健康や精神面に悪い影響が出るため、ゴミは早めに処分してください。

火災のリスクが高まる

ゴミだらけの状態では、掃除ができないのでホコリが多い環境になります。

ゴミでいっぱいになった部屋の中には、電化製品につながれたコンセントや、延長コードなどもゴミに埋まっています。

そんな状態では、コンセントに溜まったホコリが原因の「トラッキング火災」が発生するリスクが非常に高く、周囲のゴミに引火し一気に燃え広がる可能性も容易に想像できます。

トラッキング火災で発火するのは、ゴミに埋もれた部分なので発見が遅れ、気が付いた時には手遅れになる可能性もあるでしょう。

大量のゴミを一気に出すと迷惑になる

大量のゴミを一気に出した場合、ご近所の迷惑になることも考えてください。

ご近所トラブルを避けるため、ゴミの処理方法にも気を遣うようにしましょう。

ゴミの出し方・頻度について

ゴミ集積所は近隣住民と共有して使っているスペースです。そのスペースを独占するようなゴミの出し方をしてしまうと、ご近所迷惑となり迷惑がかかるでしょう。

自分で大量のゴミを処分する場合は、ゴミ出しの頻度に気を付けて小出しに処分した方がトラブルを回避できます。

また、ゴミが通路にはみ出すような置き方は通行の妨げとなり迷惑です。ゴミ出しのマナーを守って処分することをお願い致します。

どんな迷惑やトラブルが起きるのか

ゴミに関するトラブルには以下のようなものがあります。

  • 悪臭・害虫が発生
  • 分別が守られていない
  • ゴミ出しの時間が守られない
  • 深夜早朝のゴミ出しの音がうるさい

上記のトラブルは、ゴミ出しのルール違反によるものがほとんどです。

決められたルールをきちんと守り、近隣住民に迷惑を掛けないゴミ出しを心掛けてください。

ゴミ屋敷専門業者を比較

ゴミ屋敷片付け
不用品買取 相談 相談
遺品整理 相談
ハウスクリーニング 相談
見積もり依頼 見積もり依頼 見積もり依頼

不用品回収を依頼する際は一括見積コンシェルジュで複数社からを比較しましょう!

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

一括見積もりコンシェルジュの一括見積もり

PAGE TOP