不用品回収の見積もりの依頼の流れから安くするためのコツまで紹介

不用品回収を依頼する際はエコノバで複数社からの一括見積もりがおすすめ

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

エコノバの一括見積もり

不用品回収業者に見積もりを依頼する方法

現在では、不用品の見積もりを依頼するいろいろな方法があります。下記でその方法を紹介します。

  • 電話
  • メールやWebフォーム
  • LINE

電話で見積もりする場合

電話での依頼は、フリーダイヤルを開設している業者もあり安心して依頼することができます。

ただおおむね受付時間が9:00~18:00までとしている業者が多いので、日中に相談や依頼をしたい方におすすめです。

メールやフォームから見積もりする場合

メールやフォームから見積もりを依頼する場合は、時間を気にせずに見積依頼ができ、24時間、365日いつでも問い合わせができます。

ただ、電話見積もりとは違い返信を即座に受けることができないので、返信時間も確認することをおすすめします。

他にも「相談内容」「名前」「メールアドレス」「住所」「電話番号」などの必要項目を入力する手間暇もかかってしまうので時間に余裕を持って見積もりできる方におすすめです。

LINEで見積もりする場合

LINEで見積もりをする場合も、24時間365日いつでも問い合わせができます。

メールやフォームと違いQRコードかID検索で「お友達追加」の後、フォームに入力する必要がないので簡単に問い合わせができます。

また、写真なども一緒に送れる場合もあるので回収してほしい不用品を業者に見てもらえるので手軽に見積もり依頼ができます。

ただ情報が少なかったり詳細な説明が必要な場合は電話での確認がある場合もあります。

不用品回収を依頼する際はエコノバで複数社からの一括見積もりがおすすめ

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

エコノバの一括見積もり

見積もりの流れ:電話やメール見積もりのみの場合

電話やメールで見積もりを依頼した場合の流れは、

  1. 事前準備
  2. お問い合わせ(電話・メール)
  3. 見積もり
  4. 不用品回収
  5. 掃除
  6. 完了確認・清算
事前準備
  • 食器や衣類等の細かいものはダンボールや袋などにまとめる
  • ある程度大きいものは、一つ一つサイズや材質だいたいの大きさ(横幅、高さ、奥行き)を測っておきましょう
お問い合わせ(電話・メール)
  • 電話の場合:「不用品回収をお願いしたいのですが」などで始めたら業者の方が案内してくれます
  • メールの場合:項目ごとに入力欄が設けられているのでそれに従い各項目入力を行ってください
見積もり
  • 回収品が少量(10点前後)であれば、電話・メールで金額がわかります
  • 電話での見積もりの場合は、口頭で見積もりいたしますので一品ずつの詳細(縦・横・奥行きのサイズ、重さ、材質、製造年など)を現物を見ながら伝えるか、またはメモをあらかじめ取っておくとスムーズに見積もりが進みます
不用品回収 予約した時間に業者が回収作業を行います
掃除 一軒まるごとやお部屋まるごとの場合は清掃する場合があります
完了確認・清算 すべての作業終了後、完了確認を行い納得したら清算となります

電話やメール見積もりがおすすめなケース

  • 見積もり金額だけ知りたい
  • 複数の業者と見比べたい
  • 簡単に見積もりしたい

問い合わせ時の見積もりのメリット・デメリット

メリット

  • 24時間365日いつでも無料で見積もりできる
  • 見積もりの費用相場を把握できる
  • 一括見積もりでは、複数の業者に依頼でき料金やサービスを比較しながら優良企業を探せる

デメリット

  • 見積もり金額と実際の見積もり金額に格差が生じるケースがある
  • 回収業者から営業の電話やメールが来る可能性がある
  • 必ず安い金額の業者が見つかるとは限らない
  • 処分の品目数が少ない時は見積もり間違えにくい

見積もりの流れ:訪問の場合

訪問見積もりの流れは、

  1. 電話やネットで申し込み
  2. 見積もり訪問
  3. 回収作業
  4. 作業後の清掃
  5. 完了確認・清算
電話やネットで申し込み 回収業者を決めて、電話やネットで見積もり訪問の申し込み
見積もり訪問
  • 不用品の品種や量を確認してお見積書を作成・提示
  • 回収日時を決める
回収作業 回収業者が回収に訪問
作業後の掃除 一軒まるごとやお部屋まるごとの場合は清掃する場合があります
完了確認・清算 すべての作業終了後、完了確認を行い納得したら清算となります

訪問見積もりがおすすめなケース

  • あらかた業者を決めて詳しく見積もりを取りたい場合
  • 不用品の量が多く、一軒まるごとや部屋まるごと不用品を回収したい場合
  • 量は少ないがサイズが大きいものを処分したい場合

訪問見積もりの場合のメリット・デメリット

メリット

  • 不用品回収の量が多い場合
  • 正確な金額が分かる
  • 追加処分やオプションを付けなければ基本的に金額は変わらない

デメリット

  • 電話やメールで訪問日を予約しなくはいけない
  • 査定に1時間前後の時間が必要

見積もりは相見積もりをして比較するのがおすすめ

不用品を回収業者に依頼する際、複数の業者がありどのような業者に依頼するのか決めるのは中々難しいです。

「費用を安くしたい」「必要なサービスは受けたい」などと考えているときは、相見積もりがおすすめです。

相見積もりは、複数の業者から見積もりを取り料金などを比較できるサービスです。

簡単に比較できる分デメリットもあります。メリット、デメリットの詳しい詳細を紹介します。

メリット
  • 費用の相場がわかる
  • サービスの比較のできる
  • 業者を見比べることができる
デメリット
  • 時間と手間がかかる
  • 業者を絞り込むのが大変
  • 複数の業者を相見積もりするので断りの電話が大変

メリット

不用品を回収する業者うを選ぶときに、相見積もりのメリットとしてまず費用の相場が分かることです。あらかじめ業者が決まっていればいいのですが、決まっていない場合は費用の相場が分かりませんが、相見積もりで見積もりを取れば比較ができ、どのくらいの相場でどの業者が安いのか分かります。

また、業者によってサービスも異なる場合があります。サービスの比較もでき満足のいくサービスを受けることもできます。

不用品を回収してもらう上で多方面で納得のいく業者を選ぶには、費用やサービスを比較できる相見積もりがおすすめです。

デメリット

相見積もりで見積もりを依頼した場合のデメリットとして、時間と手間がかかるのが最大のデメリットです。

1つの業者で見積もりを取ってもらえば、電話で自宅まで来てもらい見積もりを出してもらうだけで見積もりが取れます。複数の業者から見積もりを取る場合は、業者の数だけ同じことをしなくてなりません。何度も同じことをするのは時間も手間もかかりストレスになりかねません。

また、複数の業者から見積もりを取った場合、情報がおおくなり業者を絞り込むのが大変になり断りの電話をするのも大変になります。

一度で済ませたい場合は、相見積もりはおすすめできません。

不用品回収を依頼する際はエコノバで複数社からの一括見積もりがおすすめ

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

エコノバの一括見積もり

見積もり前に費用相場や料金の仕組みを把握する

不用品回収を見積もりする前に費用の相場をあらかじめ知っておけばスムーズに業者を選べ悪徳業者を避けることもできます。

まず、回収業者には基本料金が設けられています。基本料金は、不用品の数が少量だとしても、料金の変動はほとんどありません。

不用品回収にかかる費用の項目

基本料金の相場:3,000円~5,000円

テレビ1台だけの回収だとしても、基本料金+テレビの回収料金がかかります。

回収料金の相場

回収品目 料金の相場
冷蔵庫 3,000円~10,000円
テレビ ブラウン管テレビ:2,000円~5,000円
液晶テレビ:2,500円~5,000円
ベッド 3,000円~5,000円
ソファ 1人掛け:1,000円~3000円
2人掛け:2,000円~5,000円
自転車 自転車:500円
電動:2,000円
電子レンジ 500円~

オプション料金

基本料金と回収料金以外に、オプション料金設定もあります。依頼をする前にオプション料金をチェックしておけば余分なコストを削減できます。

  • 階段
  • 吊りおろし
  • 希望指定
  • エアコン取り外し
  • パソコンデータ消去

積み放題プランの場合の費用相場

遺品整理や生前整理、引っ越しなどで不用品を回収してほしい場合、積み放題プランといったサービスがおすすめです。積み放題サービスは定額不用品を積み放題してくれるサービスのことです。

積み放題プランの相場

車両サイズ 料金
軽トラ1台(平積み) 5,000円〜20,000円
軽トラ1台(幌付き・箱形) 20,000円〜50,000円
2tトラック(平積み) 50,000円〜80,000円
2tトラック(アルミバン) 90,000円〜150,000円
家やオフィスまるごと ASK

上記はあくまで目安の料金相場なので、問い合わせ時に料金を確認してください。

単品や少量の場合の品目別の費用相場

多くの回収業者では、1点でも回収を行っています。

大きな家具や家電・重すぎて運べない不用品は単品・少量での回収が良いでしょう。

単品・少量の費用相場

ジャンル 品目例 料金
小型家具 ちゃぶ台 / 座椅子 / 衣装ケース / こたつ / カラーボックス / 下駄箱 / マットレス / クッション / 布団 / 毛布/ メタルラック 550円〜
中型家具 チェア / ローテーブル / 学習机 / パソコンデスク / テレビ台 / 一人掛けソファ / 鏡台 / サイドボード 1,650円〜
大型家具 ベッド・ソファ / テーブル / タンス / 本棚 / 食器棚 3,300円〜8,000円
生活家電 掃除機 / 扇風機 / 給湯器 / アイロン / ドライヤー / ミシン / 空気清浄機 / ストーブ / ファンヒーター / 布団乾燥機 / 電話機 / 掛け時計 / カメラ / ズボンプレッサー
330円〜
OA機器・オーディオ機器・照明家具 電気スタンド / シャンデリア / シーリングライト / 蛍光管 / 蛍光灯 / DVDプレイヤー / CDプレーヤー / ブルーレイプレーヤー / ビデオデッキ / レコーダー / ラジカセ / コンポ / スピーカー / アンプ / ステレオ / ヘッドホン / ホームシアターシステム / デスクトップパソコン / ノートパソコン / モニター / 周辺機器 / プリンター / コピー機 / シュレッダー / プロジェクター / 金庫
550円〜
大型家電 テレビ / 冷蔵庫 / 洗濯機 / エアコン / ワインセラー / ウォーターサーバー
2,200円〜10,000円

上記の金額は目安であり、業者によっては別途手数料や大きさによって追加料金がかかるので注意してください。

不用品回収業者の見積もり時の確認ポイント

不用品回収業者に依頼する場合は必ず見積もりを取ってもらってください。見積りを取ってもらわないと相場よりも買取金額が少なかったり、などトラブルになる場合があります。

電話やメールなどの見積もりの時の確認ポイント

  1. 内容に質問しても丁寧に答えてくれるか
  2. 返信が早いか
  3. 相場と金額の違いが大きすぎないか

上記の3点は、不用品回収の見積もりから優良業者を選ぶポイントです。

不用品回収の見積もり時に伝えるポイント

不用品回収を依頼する場合、下記の内容によって料金が変動することがあり見積もり料金が変わることもあります。

  • 品目と大きさ
  • 数と量
  • トラックなどが停められる場所か
  • 運び出しが必要な階層
  • 買取してもらいたいものがあるか

品目と大きさ

基本料金を設定に品目と大きさごとで加算する業者が少ないながらもいます。しっかり見積もりをお願いしたい場合は必ず品目と大きさを伝えてください。

数と量

数と量が多い場合は、積み放題プランの方がお得な場合があります。しかし、積み込める量決まっているので見積もりの際に必ず確認してください。

  • 軽トラック 1K~1DK程度 12,000~25,000円
  • 2トントラック 2DK~2LDK程度 50,000~100,000円

※大体の目安なので業者に必ず料金を確認してください。

トラックなどが停められる場所か

トラックをしっかり駐車できるスペースがないと、周辺住民からの苦情の原因となってしまいます。事前に不用品回収業の方と相談の上、駐車スペースを考えておきましょう。

運び出しが必要な階層

2階以上の階数から回収を頼むとオプション料金の設定があります。コストを削減したい場合は出来る限り1階に置いておくといいです。

買取してもらいたいものがあるか

不用品回収の時に買取の対象になりやすいものに家電製品や家具などがあるので、買取してもらえるか確認するのもいいと思います。

それぞれどんな説明が必要か解説

不用品回収の見積もり時に確認しておきたいポイント

下記の内容によって、追加料金のルールなど確認しておかないとトラブルに発展する可能性もあります。

  • 追加料金がある場合何に費用がかかるか
  • 依頼した場合に見積書を出してもらえるか

追加料金がある場合何に費用がかかるか

  • 3階以上で階段がない
  • 大型家電の解体作業
  • リサイクル家電のリサイクル料金
  • バイクなどの処分費用(手続き費用がかかる場合など)
  • 処理困難物の回収費用

上記のような場合は追加料金が発生することがあります。コストを抑えたい場合は追加料金の有無を確認してください。

依頼した場合に見積書を出してもらえるか

事前に見積もりを依頼した場合は必ず見積書を出してもらってください。

当日になって高額な費用を請求される場合があります。見積書はぼったくりを防ぐためにとても大切なのでしっかりと回収当日まで保管してください。

不用品の無料回収業者は危険?トラブルも?正しく無料回収する方法も紹介 不用品の無料回収はなぜできる?仕組みは? そもそも不用品の無料回収はありえるのか?という点は実際に無料で不用品回収する手段はありま...

こんな業者にはトラブルの元になるので注意

  • 作業前に見積もりをしてくれない
  • 見積書を出さない
  • 見積もりの料金内訳が詳しくない

作業前に見積もりをしてくれない

作業前に見積もりをもらえないとおおよその費用もわからず、オプション料金や追加料金を請求される場合があるので気を付けてください。

見積書を出さない

見積書は、ぼったくりを防ぐために大切な証拠になります。

作業後に高額な請求をされた場合の証明にもなるので見積書を出さない業者は避けた方がいいです。

見積もりの料金内訳が詳しくない

優良業者は見積もりの時点でで料金内訳が詳しく書かれています。

作業終了後に、「予想よりも量が多く、追加で費用がかかった」などと言われ高額な請求をされトラブル発展します。

なので、必ず見積もりをとり回収業者にしっかり料金の内訳を聞くことをおすすめします。

不用品回収業者の見積もりに関するQ&A

下記QAはタグを使ってください。

見積もりの返事が来ない場合

見積もりの返事までには約2~3週間程度かかります。1か月以上返事がない場合は再度連絡をするか、他の業者を探してみてください

見積もりをしてもらった業者への断り方

一番のポイントは、OKなのかNGなのか結論を申し述べてください。その上でNGと検討した結果や、断る理由に関して、出来るだけ詳細な説明をしてください。

費用はどのくらいか

回収する品目、大きさ、業者や都道府県で金額が少しずつ変わってくるので確実に費用を知りたい場合は見積もりを取ってから作業をしてもらいましょう。

見積もりを見せて値下げ交渉する場合

見積もりを見せて値下げを交渉する場合は、1社か2社他の見積もりを見せて交渉する方法があります

不用品回収をしてもらう時の注意点

不用品回収をしてもらう場合、基本料金以外に回収料金、オプション料金、追加料金があります。契約する前に必ず見積もりを取り料金の内訳をを確認してください。作業後、高額な請求をされたなどのトラブル回避にもつながります。

PAGE TOP