名古屋でベッド処分する方法は?無料処分もできる?

ベッドの処分方法それぞれの特徴を表にしました。

不用品回収を依頼する際は一括見積コンシェルジュで複数社からを比較しましょう!

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

一括見積もりコンシェルジュの一括見積もり

ベッドの処分方法とかかる費用の比較

処分方法 処分費用 手間
粗大ゴミ収集 200円~5000円
ゴミ処理施設に持ち込み 10kgあたり200円 ×
自治体のリユースや知人に譲る 無料 ×
自分で解体する 無料 ×
買い替え時の引き取り 無料~5000円
リサイクルショップ・出張買取 買い取ってもらえれば無料
引越し業者に依頼 3000〜7,000円程度
不用品回収業者に依頼 5000〜10,000円程度

名古屋市(自治体)の粗大ゴミの収集に出す

ベッドは自治体の粗大ゴミとして処分することが可能です。

粗大ゴミ受付センターへ申し込みを行い、粗大ゴミシールを購入して指定日に指定の場所へ出すことができます。

申し込みの方法など詳しくは名古屋市の粗大ゴミの出し方のページをご覧ください。

ベッドの粗大ゴミ収集にかかる処分費用

ベッド 料金
ベビーベッド 1,000円
シングルベッド 1,500円
セミダブル 1,500円
ダブル 1,500円
クイーン 1,500円
キング 1,500円
折りたたみベッド 1,500円

※マットレスは含めない費用です。(大きさなどにより変動する場合もあるため申し込み時に確認をしましょう)

マットレスの粗大ゴミ収集にかかる処分費用

ベッド 料金
ベビー用マットレス 500円
マットレス 1,000円

粗大ゴミ収集のメリット・デメリット

メリット
  • 業者に頼むよりも安く済む
デメリット
  • お金がかかる
  • 回収に時間がかかる場合がある
  • 自分で作業しないといけない

名古屋市(自治体)のリユースを活用する【無料】

名古屋市ではごみを減らすための活動の一環としてリユースの活動を行なっています。

ご家庭では不要になったもので、まだ使用できるものを南リサイクルプラザに持ち込むことができます。

その後メルカリや名古屋のNPOが運営するリサイクル店で販売が行われる仕組みです。

予約制で2ヶ月に1回程度の頻度で実施されています。

名古屋市の予約フォームより申し込みを行うことで活用できます。

リユースを活用するのメリット・デメリット

メリット
  • 無料で処分ができる
デメリット
  • 施設まで自分で運ばないといけない
  • 持ち込める頻度が2ヶ月に1回程度しかない

知り合いに譲る・ジモティーを使う方法

名古屋市のリユース以外にも知人や家族などベッドが欲しいという方に譲るのも一つの手です。

知り合いの中に譲れる人がいない場合は、ジモティーなどを使って引き取りたい人を探すという手もあります。

すぐに欲しい人が見つかればいい方法ですが、すぐに見つからない場合は処分がなかなかできないため、他の方法も検討しましょう。

知り合いに譲る場合のメリット・デメリット

知り合いに譲るメリット
  • 無料で処分できる
知り合いに譲るデメリット
  • 欲しい人がいないと処分できない
  • 受け渡す手間がある

ベッドを解体して一般ゴミで出す

ベッドフレームは1辺が30センチ以下のサイズまで解体・分解することで一般ゴミ(可燃ゴミや不燃ゴミ・プラスチックなど)として出すことも可能です。

一般ゴミで出せれば費用はかからず無料で処分が可能です。

注意点として金属類などの部品は不燃ゴミに出すなどの分別が必要になります。

ベッドを解体し一般ゴミで出すメリット・デメリット

一般ゴミで処分するメリット
  • 費用がかからず無料で処分できる
一般ゴミで処分するデメリット
  • 解体作業をするスペースや工具が必要になる
  • 金属部品など分別が必要
  • 自分で全て実施しないといけない

ベッドの買い替え時に引き取ってもらう

大手の家具販売店(無印良品・ニトリ・IKEA・ベルメゾン・amazon・東京インテリア)では、家具の買い替え時に古いベッドの引き取りサービスを行っています。

家具の購入が前提となりますが、納品時に引き取ってもらえるサービスです。

ベッドの買い替え時の引き取りにかかる費用と引き取り条件

店舗 引き取り費用
無印良品
4,000円(税込)
ニトリ 4,400円(税込)
東京インテリア
ベッドフレームのみ 4,000円
ベッド一式orマットレスのみ 5,000円
IKEA
ベッド・マットレスは不可
ベルメゾン
無料
Amazon
無料

無印良品の家具引き取り条件

無印良品の条件

  • 無印良品でのご注文商品と「同種」かつ「同数」
  • ネットストアでのご注文時に、ショッピングカートに「引き取り」のチェックボックスがある場合
  • ソファ1点をご注文の場合、ソファと一緒にオットマンの引き取りを承ることはできません。

ニトリの家具引き取り条件

ニトリの条件

  • ニトリで新たに家具を購入した人(引き取りのみは不可)
  • 買った分と同容量の家具・個数である
  • 他社製品でも引き取りが可能
  • 家具発送日の4日前までに連絡する

東京インテリアの家具引き取り条件

東京インテリアの条件

  • 東京インテリアでの購入が前提で買い替えることができます。
  • 購入した家具の配送時に引き取りが可能。
  • 買った家具と同等、同数の場合に可能。
  • 小型から大型の家具で引き取り料金が変わります。

IKEAの家具の買取り条件

IKEAの家具の買取り条件

  • イケアのロゴがないものや他社製品は不可
  • 野外で使用された家具は不可
  • 3辺合計が3.8mを超えるものは不可
  • たわみ、ゆがみ、割れ、パーツの不足があるものは不可
  • 改造されていたり汚れなどがあるもの

ベルメゾンの家具の無料引き取り条件

ベルメゾンの無料引き取り条件

  • ベルメゾンで新しい家具を買った場合に限る
  • ベルメゾンカタログかネットで販売している家具が対象
  • 同じ種類・同じ数の分だけ対応が可能
  • 販売価格が41,800円(税込)以上で大型商品送料7,150円(税込)の場合

amazonの家具の無料引き取り条件

amazonの無料引き取り条件

  • amazonで家具を買った場合に限る
  • amazonの指定商品に限る
  • 買った家具と同等、同数を同一住所に配送する場合
  • 購入した家具の配送時に引き取りが可能

ベッドの買い替え時の引き取りのメリット・デメリット

メリット
  • 新しいソファの引き渡し時に同時に引き取ってくれる
  • 自分で運び出す必要がない
デメリット
  • 該当のサイトで購入が前提で引き取りのみは不可
  • 商品や品目など限られることがある
  • 店舗によっては引き取り手数料がかかる

リサイクルショップや買取業者を利用する

リサイクルショップに持って行って買い取ってもらう方法や買取業者に買い取ってもらう方法があります。

人気ブランドのベッドや状態のいいものであれば買い取ってもらえることもあります。

状態が悪く売れないようなベッドは買い取ってもらえない可能性もあるので注意が必要です。

また、リサイクルショップまでは自分で持ち運びをする必要がありますが、買取業者の中には出張買取で査定にきてくれる業者もいます。

なんでも宅配買取してくれるBUY王↓↓↓↓↓

BUY王

リサイクルショップ・買取業者のメリット・デメリット

リサイクルショップのメリット
  • 無料もしくは収入を得られる
  • すぐに処分できる
リサイクルショップのデメリット
  • 自分で持ち運びをしないといけない(リサイクルショップの場合)
  • 引き取ってもらえない可能性もある

買い取ってもらいやすい人気のブランド一覧

フォルミオ、Cassina、テンピュール、カリモク、レストニック、ル・コルビュジエ、エアウィーヴ、ノール、コンラン、センベラ、日本ベッド、スランバーランド、ドレクセル、サータ、フランスベッド、大塚家具、シーリー、シモンズ、アルフレックス、ボーコンセプト、アルヴァ・アアルト、ジャン・プルーヴェ、アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナー、フィン・ユール、クラスティーナ、B&B、カサブランカ、リーン・ロゼ、無印良品、フランフラン、キングスダウン、東京ベッド、レガリア、ドリームベッド

引越し業者にベッドを処分してもらう方法

引越し時に限っての方法になりますが、引越し業者にベッドを処分してもらうことも可能です。

引越し作業の依頼が前提で、業者によっては条件はそれぞれありますが家具の処分まで請け負ってくれる引越し業者もいます。

引越し業者の一括見積もりなら引越し侍↓↓↓↓↓

引越し一括見積もり

ベッドも処分してくれる引越し業者一覧

会社名 不用品の引き取り 不用品の買取
アリさんマークの引越し社 可能 なし
サカイ引越しセンター 一部エリアに限り、委任状があれば可能 あり
日本通運(日通) 相談可能 なし
アップル引越しセンター 可能 あり
ハート引越しセンター あり あり

不用品回収もOKな引越し業者

メリット
  • 引越し作業と同時に処分できる
  • 持ち運びなどもやってくれる
デメリット
  • 引越し代以外に別途処分費用がかかる
  • 引越し業者の中には対応できない品目もある

不用品回収業者に処分を依頼する

不用品回収業者にベッドの処分を依頼することも可能です。

ベッド単品だけの処分の場合の費用は割高になりますが急ぎで処分したい場合や他にも処分したいものが沢山ある場合はパック料金などもあるのでおすすめです。

ベッドフレーム、マットレス共にまとめて処分してくれます。

不用品回収業者に処分してもらう場合の費用目安

ベッド 料金
ベッド 5000円〜10000円程度

不用品回収業者に処分してもらうメリット・デメリット

メリット
  • すぐに処分ができる
  • 運び出しの作業なども依頼できる
  • 他の不用品もまとめて処分できる
デメリット
  • 単品だと費用は割高になる

不用品回収を依頼する際は一括見積コンシェルジュで複数社からを比較しましょう!

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

一括見積もりコンシェルジュの一括見積もり

ベッドを処分する際のQ&A

ダブルベッドやセミダブルベッドの処分方法は?

ダブルベッド、セミダブルベッドといった大きいサイズのベッドも通常のベッドと処分方法は変わりません。

折りたたみベッドなど特徴的なベッドも同様です。

ベッドの運び出しが困難な場合は?

名古屋市では高齢者や障害者の一人暮らし世帯など対象の方は、第三者の立ち会いのもと家の中からの回収サービスがあります。

お住まいの環境事業所に問い合わせしてみましょう。

スプリングマットレスは粗大ゴミに出せますか?

スプリングマットレスは適正処理困難物に指定されているため出せません。

スプリング部分の分別が必要なためです。スプリングマットレスに限っては粗大ゴミ以外の方法を検討しましょう。

分解してスプリング部分だけ分別する方法がありますが、大変な作業なためおすすめしません。

 

PAGE TOP