軽トラ積み放題のトラブルに注意!8000円や積み放題は嘘なの?

軽トラ積み放題で実際にあるトラブル事例は作業時や支払い時に起こることが多いです。

広告で8000円積み放題など安い料金が書かれているのは嘘なのでしょうか?解説していきます。

積み放題でおすすめ業者

表は右にスライドができます。

プラン
軽トラック
積み放題
8,800円(税別)~ 12,000円(税別)~  8,000円(税別)~ 9,800円(税別)~ 10,000円(税別)~ 9,800円(税別)~
1tトラック
積み放題
29,800円(税別)~ 40,000円(税別)~ 33,800円(税別)~ 34,800円(税別)~  - 34,800円(税別)〜
1.5tトラック
積み放題
49,800円(税別)~ 80,000円(税別)~ 34,800円(税別)~ 39,500円(税別)〜
2tトラック
積み放題
98,000円(税別)~ 150,000円(税別)~ 57,800円(税別)~ 59,800円(税別)~ 30,000円(税別)~ 59,800円(税別)~

 

不用品回収を依頼する際は一括見積コンシェルジュで複数社からを比較しましょう!

相見積もりをしっかり取って安い業者を探しましょう!↓↓↓↓↓

一括見積もりコンシェルジュの一括見積もり

【軽トラ積み放題トラブル①】現地で作業時に起こる例

「積み放題8,000円」のような広告を見て依頼したが実際には料金が違った。というケースがSNSや自治体から報告されています。

実際に起こったトラブルの事例を紹介しますので、不用品回収業者を利用するときの参考にしてください。

積み放題8,000円と安かったが実際は高額だった

こちらは不用品回収業者がお客様から聞いた内容のポストです。

8,000円のつもりが15万円請求されたとのこと。積み放題8,000円は安すぎるので、追加料金について事前に相談しておく必要があります。

 

ポストに入っていたチラシを見て電話をかけ、不用品回収を依頼した。2トントラック詰め放題となっていたが、載せることができるのは荷台の囲いの高さまでと言われた。囲いの高さは30センチで、チラシの内容と違うため回収を断るとキャンセル料を取られた。

出典:仙台市HP

仙台市HPで報告された事例です。

2トントラック詰め放題のはずが、30センチの高さまでしか積めないと言われてしまったケース。

この方は断ったようですが、キャンセル料を取られています

 

不要品の処分にお金がかかるとはいっても、予定外の出費は困りますよね。

では、どうすればこのようなトラブルを回避できるのでしょうか?

こちらの方のように、複数の業者に見積もりを取って比較してください。

話を聞いて納得できないなら依頼しないのが正解です。

【軽トラ積み放題トラブル②】支払い時に起こる例

支払い時に高額請求されるケースも少なくありません。

事前に見積もりを出さずに、トラックに積み込んでから高額請求する手口は、利用者の逃げ道を塞ぐようなやり方で悪質だといえるでしょう。

見積もりを出されず作業終了後に高額請求された

高齢の母が、巡回していた廃品回収業者にテレビとオルガンの回収を依頼した。業者はそれ以外にも小型冷蔵庫やソファ、消火器などを勝手に持ち出し「回収費用として5万円」と請求してきた。近日中に振り込むことになっているが、高額な請求に納得がいかない。

出典:国民生活センター

国民生活センターで報告されている事例です。

回収業者はトラブルになりやすいため、安易な利用を避けてください。

不要品は自治体のルールに沿った方法で処分しましょう。

 

『不用品回収、トラック積み放題で4万円、追加料金なし』というネット広告を見て、電話で金額と積み放題であることを確認した。

当日、荷物を積み込むたびに金額が高くなり、最終的に40万円を請求された。高額すぎる。

出典:兵庫県HP

兵庫県HPに紹介されている事例です。

事前に確認を取ったにもかかわらず高額な料金を請求されています。

依頼する前に、許可を受けている業者なのか確認してください。複数社から見積もりを取って、業者を慎重に選ぶことが重要です。

軽トラ積み放題は嘘なの?

これまで紹介した事例を見ると、軽トラ積み放題のサービスは「信用できない」と考えるかもしれませんが、すべての業者が信頼できないわけではありません。

このようなトラブルが絶えない原因は、料金設定が業者によって違うことが理由の一つです。

不用品回収の料金設定は大きく分けて以下の3つのパターンがありますので説明します。

  • 全ての料金が込みのパターン
  • 処分費用のみの料金設定のパターン
  • 家電リサイクル費用別のパターン

全ての料金が込みのパターン

全ての料金込みのパターンは、「コミコミ価格」と表記されていることが多いです。しかし、どこまでの料金を含むのかは業者ごとに異なります。

広告の下の方に小さく別料金が発生することが書かれていることも少なくないので、よく確認しておきましょう。

処分費のみの料金設定のパターン

処分費用のみ料金設定されている場合は別料金がかかります。広告などに料金が記載されています。

どんな料金が追加されるのか、よく確認して納得できるのなら依頼してください。

家電リサイクル費用だけ別のパターン

家電リサイクル法4品目に関しては、法律でリサイクル料金が決まっていますので、依頼する前に確認してください。家電の種類、メーカー(製造業者)ごとにリサイクル料金が異なりますので、リサイクル料金をご確認ください。

 

軽トラの積み放題については、以下のリンク先で詳しく解説しています。こちらの記事と合わせてご覧ください。

軽トラ積み放題の記事はこちら

軽トラ積み放題でトラブルに遭わないための確認点

軽トラ積み放題を依頼する前に、確認しておくべき項目は以下の6つです。

  • 処分する品目・大きさ・数量を伝える
  • 作業場所の階数や軽トラックが入れる場所かを伝える
  • 軽トラックの大きさや量による料金の違い
  • 品目によって追加料金がかかるか
  • 作業人数は何人で実施になるか
  • 請求書・見積書(内訳がしっかり書かれたもの)を書類としてもらえるか?

上記の確認点を「依頼前に伝えること」「サービス内容の確認」の2つに分けて説明します。

依頼前に伝えること

最初に、処分をお願いしようと思っている不用品の「品目・大きさ・数量」を具体的に伝えてください。大きさを比較できるものと一緒に写真を撮って送ると、より正確に伝わります。

作業場所の階数や、軽トラックが入って作業できるのかも追加料金に関わってきますので、伝えておきましょう。

サービス内容の確認

次にサービス内容を確認します。軽トラックの大きさ積み込める高さや量品目による追加料金作業人数などを確認しておきたいですね。

こちらから不用品の情報を具体的に伝えていれば、見積もりの精度が高くなります。その内容から依頼するかどうかを判断してください。

また、請求書や見積書などを出してもらえるかの確認も必要です。書類があることで、何かトラブルが発生した際の証拠になります。

軽トラのタイプや積める量や相場費用も把握しておこう

軽トラのタイプや積載量、不用品回収の相場がある程度わかっていれば、悪質な業者を避けることができます。

複数の業者に依頼を出すことで料金の比較はできますが、軽トラのサイズや積載量の比較は素人には難しいです。

そこで、必要な情報をまとめた記事を用意しました。軽トラックの積み放題を詳細に解説しています。

積み放題の利用を検討している方は、以下のリンクからご確認ください。

軽トラ積み放題の記事はこちら

注意が必要な業者の特徴と見分け方

不用品回収業者の中で、避けるべき業者の特徴をいくつか紹介します。

以下の特徴にあてはまれば、違法業者というわけではありませんので、さまざまな要素から総合的に判断してください。

格安すぎるインターネット広告

インターネットで格安料金を宣伝するケースです。

「コミコミ価格」で追加料金なし!などの広告を見た消費者がサービスを依頼したところ、別料金の名目で追加料金を請求されたという事例の報告があります。

問い合わせの段階では、料金についてはっきり明言しないのが特徴です。不用品を積み込んだ後に料金を請求することが多く、拒否した場合はキャンセル料が発生します。

チラシ投げ込みの業者

不要品を処分したいと思っていた時に、チラシが投函されていると「ちょうど良かった」と依頼してしまうかもしれません。しかし、チラシで営業している業者は、違法業者である可能性が高いです。

特に以下の特徴がある場合は警戒してください。

  • 住所が確認できない
  • 許可番号の記載がない
  • 固定電話ではなく携帯番号
  • 無料であることを強調

安易に連絡すると個人情報を抜かれるリスクがあるので、書いてある電話番号へ連絡するのは控えましょう。

トラックで街を巡回している

拡声器(スピーカー)で無料回収のアナウンスを流しながら、住宅街などを巡回している軽トラックには声を掛けないでください。

直接回収すれば違法営業でも足が付かないため、実体のない業者が運営している可能性があります。

不要品を積み込んだ後で、高額料金を請求するケースがあります。街を巡回している業者には声を掛けないようにしましょう。

電話で営業をかけてくる

悪質な業者の中には、毎日しつこく電話営業をしてくる場合があります。

電話といえばスマホの世の中になりましたが、未だに固定電話を使っている高齢者のお年寄りを狙った詐欺である可能性が高いです。

電話では無料であることを謳っていますが、不用品を積み込んだ後に高額な料金を請求してくることがあります。

電話営業してくる業者には応じないようにしましょう。

PAGE TOP